HOWTO

『BookLive!』とはどんなサービス?基本的な使い方からメリットデメリットまでご紹介

『BookLive!』は累計配信冊数120万冊を超える電子書籍サービスです。

複数の電子書籍サービスの中でも『BookLive!』は、「使いやすい」「電子書籍が読みやすい」など、使用感に定評があります。ですが、中には『BookLive!』の使い方がいまいち理解できていない方もいるでしょう。

この記事では、『BookLive!』の

・基本情報
・メリット
・デメリット
・使い方

について紹介します。

お得な情報や知っておきたい内容が満載です。『BookLive!』を利用するか検討している方は、ぜひ参考にしてください。

『BookLive!』とは?

『BookLive!』とは、漫画や小説、雑誌などさまざまなジャンルの本が読める国内最大規模の電子書籍ストアです。

累計配信冊数は120万冊以上で、月額費や年会費は不要で楽しめます。有料の本も、購入すれば読むことが可能です。少年漫画の代表作から話題となった漫画、映画化された小説など種類が豊富なため、『BookLive!』を通して好きな本と出会える可能性は高いでしょう。

また、アプリやブラウザで簡単に読めるため、スキマ時間を利用し、気軽に読書できる点が大きな魅力です。

『BookLive!』でできる事は?

『BookLive!』でできることは、以下4つです。

・豊富な作品を楽しむことができる
・毎日お得なクーポンが手に入る
・試し読みも可能
・Tポイントを貯められる

詳しく見ていきましょう。

豊富な作品を楽しむことができる

『BookLive!』では、少年漫画や小説など豊富なジャンルの作品が楽しめます。

以下、『BookLive!』で読める書籍のジャンルと作品をいくつかまとめました。

1. 少年漫画

書籍名
『HUNTER×HUNTER』
『東京卍リベンジャーズ』
『ブルーロック』
『ONE PIECE』

2. 少女漫画

書籍名
『君に届け』
『かわいい彼女を困らせたい』
『フルーツバスケット』
『王妃様は離婚したい』

3. BL

書籍名
『ダィテス領攻防記』
『腐男子家族』
『初恋 チェリーロード』
『咲けよ花咲け!』

4. ライトノベル

書籍名
『ようこそ実力至上主義の教室へ』
『処刑エンドからだけど何とか楽しんでやるー!』
『陰の実力者になりたくて!』
『悪役令嬢は優雅に微笑む』

5. 小説

書籍名
『ダ・ヴィンチ・コード』
『小説 すずめの戸締まり』
『プラチナデータ』
『老兵は消えず』

6. 文芸

書籍名
『光のとこにいてね』
『そして、バトンは渡された』
『少年と犬』
『吾輩は猫である』

7. ビジネス

作品名
『LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方』
『超読書術』
『新しい経営学』
『最高の結果を引き出す質問力』

8. 実用

書籍名
『10キロやせて永久キープするダイエット』
『お金持ちが捨ててしまった5つの思考習慣』
『現場に生きる』
『嫌われる勇気』

9. 雑誌

書籍名
『Number(ナンバー)』
『LEON』
『Myojo』
『BRUTUS』

10. 写真集

書籍名
『JUNON』
『君の足跡』
『川口春奈 東京23区 Another Story』
『あの頃にみた青は』

120万冊以上の本の中でも、18,000冊以上の本は無料で読めるのが『BookLive!』の魅力です。

幅広いジャンルの本を読めるので、無料でも十分に読書を楽しめます。また「有名作品も読みたい」「もっと多くの本を読みたい」という方は、有料の本を1冊ずつ購入してみても良いでしょう。

『BookLive!』は、小説・雑誌などを「スマートフォンで気軽に読みたい」「移動時間にお気に入りの雑誌を眺めたい」そのような多くの人の需要に応えられる、電子書籍サービスです。

毎日お得なクーポンが手に入る

毎日お得なクーポンが手に入るのも、『BookLive!』の魅力です。

『BookLive!』にログインすると、1日1回クーポンガチャを引けます。全作品20%OFFや全作品50%OFFのクーポンなどをゲットできる可能性があり、かなりお得に本を購入可能です。

クーポンにはさまざまな種類があるため、毎日『BookLive!』にログインするのが楽しみになるでしょう。

また、引いたクーポンに納得できない場合は、SNSでお友達にシェアすると一度だけガチャを引き直すことができます。ガチャで引いたクーポンは24時間の間しか使えないので注意しましょう。

試し読みも可能

『BookLive!』は、試し読みが可能なので、気になる作品を途中まで読めます。

「途中まで話を読んでから、本の購入を決めたい」と考える方は少なくないでしょう。本を購入した後に「他の作品にすればよかった」という後悔を避けるためにも、試し読みは大切です。

気になる作品を全て読み「続きを読みたい」と思った作品だけを購入できれば、お金を無駄にすることもありません。『BookLive!』で有料作品を購入する場合は、ぜひ試し読みをしてみましょう。

Tポイントを貯められる

『BookLive!』は、本を購入するとTポイントが貯まる仕組みになっています。

Tポイントは、支払いや現金への交換もできる便利なポイントです。ポイントは会員ランクや購入する本の数によって異なり、最大3%もポイントが還元されます。

また、『BookLive!』で行われているキャンペーンに参加することで、Tポイントを貯めることも可能です。

一度に大量の書籍を購入するとポイントが貯まりやすいため、気になる作品がある方は、全巻買いしてポイントを貯めてみても良いでしょう。

『BookLive!』を利用するメリット

『BookLive!』の利用を検討している方の中には、「利用するメリットが知りたい」という方もいるでしょう。

『BookLive!』を利用するメリットは、大きく分けて3つあります。

・本棚機能が便利
・1日1回来店ポイントが手に入る
・新規会員なら50%オフクーポンがゲットできる

順番に紹介します。

本棚機能が便利

『BookLive!』の本棚機能は、本を簡単に管理でき、便利で使いやすいのが特徴です。

本棚機能では、購入した本の整理やお気に入りの作品を追加できます。『BookLive!』を使っていくうちに、お気に入り作品はどんどん増えていくので、管理が難しくなる可能性が高いです。

その為、作品の管理が難しくなったら本棚機能を使う事をオススメします。

本棚機能は以下の3つの手順で利用できます。(ブラウザからは利用できません)

1. 『BookLive!』のアプリを開き「本棚」、「追加」の順番で押す
2. 本棚名を記入
3. 本棚に追加したい本を選択し、アプリ左上にある「移動」を押す

これで、お気に入りの本の追加は完了です。

追加した本は、本棚から削除できます。一度追加した本でも読まないと思ったら、本棚から削除して整理しましょう。

1日1回来店ポイントが手に入る

『BookLive!』では1日1回来店ポイントを受け取れます。

来店ポイントの受け取りは以下の4つの手順です。

1. 『BookLive!』トップページの「来店ポイント」アイコンを押す
2. または、MYページの「お得サービス」か「はじめての方へ」を開く
3. 「来店ポイント」を押す
4. 「受け取る」を押す

以上で来店ポイントの受け取りは完了です。

来店ポイントは、10回受け取るごとにボーナスポイントをもらえるため、毎日ログインして受け取ると、お得になります。

ブックライブポイントは、1ポイント=1円として換算できます。有料作品の購入時にも利用できるため、お得に本を購入したい方は来店ポイントなどの無料ポイントを貯めて利用してみましょう。

新規会員なら50%オフクーポンがゲットできる

新規会員の方は、50%オフクーポンをゲットでき、お得に『BookLive!』の有料作品を購入できます。

50%オフクーポンは、新規会員登録後の24時間以内であれば利用が可能です。漫画や小説、全ジャンルの電子書籍を対象に使えるクーポンなので、有名作品や個人的に気になる作品などを購入できます。

ただし、1冊までしか使えず24時間以内に使う必要があるため、事前に購入する作品を決めておくと、クーポンの利用を忘れることなくスムーズに購入できるでしょう。

また、50%オフクーポンに加えて『BookLive!』では定期的にクーポンの配布を行っています。

新規会員登録後も、利用を続けてお気に入りの作品をお得に購入しましょう。

『BookLive!』を利用するデメリット

『BookLive!』は、使いやすさやお得なクーポンの配布が多いなど、メリットが多いです。

一方、利用するにあたってデメリットも存在するため、事前に理解し、困ることなく利用できるようにしましょう。

『BookLive!』のデメリットは、「アプリから書籍の購入ができない」ことです。これからくわしく解説します。

アプリから書籍の購入ができない

『BookLive!』は、アプリから書籍を購入できません。

有料作品を購入するときは、一度ブラウザで『BookLive!』を開くことが必要です。他の電子書籍を利用している人は、購入にかかる手間がめんどくさいと感じるかもしれません。

しかし、無料作品を読む上ではデメリットにならないため、購入の手間が嫌な方は、無料作品だけを楽しむのも良いでしょう。

『BookLive!』の支払い方法

『BookLive!』の支払い方法は、以下の9つの方法から選べます。

・クレジットカード(JCB・VISA・Master・American Express・Diners Club)
・スマホ決済(LINE Pay・PayPay・R Pay)
・後払い
・携帯電話決済サービス
・Tポイント
・ブックライブポイント
・電子マネー・おサイフケータイ
・ブックライブプリペイドカード
・三省堂書店 店頭決済サービス

電子書籍の購入や日常生活で貯めたTポイントや、ログインで受け取れるブックライブポイントなど、支払い方法の豊富さも、『BookLive!』の魅力の1つです。

クレジットカードは、JCBやVISAなど国内で発行されたものであれば使用できます。

気軽に決済を済ませたい方は「クレジットカード」、お金を使いすぎるのがこわい方はポイントもチャージできる「ブックライブプリペイドカード」など、自分にあった支払い方法を選びましょう。

『BookLive!』の使い方

『BookLive!』は、検索機能や「無料」ボタンから無料作品を探せます。

気になる作品や読みたいジャンルがある方は「絞り込み検索」の利用がおすすめです。作品名やジャンル、作者名などを入力できるため、お目当ての作品をすぐに見つけられます。

また、有料作品を探したい方は同様の方法で作品を見つけられますが、アプリから購入はできません。ブラウザを開いて有料作品を購入しましょう。

『BookLive!』の登録方法

初めて『BookLive!』など電子書籍を利用する方は、登録方法がわからない方もいるでしょう。ここでは、BookLive!の登録方法を「スマートフォン」と「PC」に分けて紹介します。

スマートフォンの場合

スマートフォンの場合、以下6つの手順で登録できます。

1. メニューアイコン「三」を選択して会員登録ページにアクセスする。

2. 無料会員登録ボタンを押す

会員登録ボタンを選択している画像

3. メールアドレスを入力し「会員登録」ボタンを押す

メールアドレスを入力する画面

4. メールアドレスに届いた「会員登録メール」のURLを押す

メールに記載されている会員登録URLを選択している画像

5. 登録名やパスワードなど必要情報を入力後「同意して確認画面に進む」を押す

会員情報を入力する画面

6. 「会員登録を完了する」を押す

「会員登録を完了する」を選択している画像

スマートフォンで『BookLive!』を利用する予定の方は、参考にしてください。

PCの場合

PCの場合、5つの手順で登録できます。

1. 公式サイトにアクセスして「無料会員登録」を押す

Book Live公式サイトのホーム画面で「無料会員登録」を選択している画像

2. メールアドレスを入力して「会員登録メールを送信」を押す

メールアドレスを入力する画面

3. メールアドレスに届いた「会員登録メール」のURLを押す

メールに記載された会員登録URLを選択している画像

4. 登録名やパスワードなど必要情報を入力後「同意して確認画面に進む」を押す

会員情報を入力する画面

5. 確認を押す

登録する会員情報を確認する画面

パソコンのブラウザ版で『BookLive!』を利用する予定の方は参考にしてください。

『BookLive!』の解約方法

『BookLive!』の使用をやめたいと思ったときのために、事前に解約方法も把握しておきましょう。ここでは、『BookLive!』の解約方法を、スマートフォンとPCに分けて紹介します。

スマートフォンの場合

スマートフォンの場合、4つの手順で『BookLive!』を解約できます。

1. トップページにある「Myページ」を押す

「Myページ」のアイコンを選択している画像

2. Myページ下部にある「退会」を押す

「退会」を選択している画像

3. 「退会申請」を押してパスワードを入力する

4. 「利用規約に同意する」を押して、退会ボタンを押す

「退会」を選択している画像

PCの場合

PCの場合、3つの手順で『BookLive!』を解約できます。

1. ブラウザでBookLive!を開き「Myページ」を押す

PCブラウザ版BookLive!でMyページを選択している画像

2. 退会を押す

「退会」を選択している画像

3. 「退会申請」を押す

「退会申請」を選択している画像

4. パスワード入力後「利用規約に同意する」を押す

退会を確定する画面

『BookLive!』はこんな方にオススメ

『BookLive!』はスマートフォンやPCで気軽に読書をしたい方や、新しい本と出会いたい方にオススメです。

出勤中や出張などのとき、本を持ち歩くとカバンが重たくなるのは嫌ですよね。一方、『BookLive!』は電子書籍なので移動中などもアプリやブラウザを開くだけで、気軽に読書を楽しめます。

また、お得なクーポンや無料で読める作品も多いため、気になっていた作品を読むいい機会にもなるでしょう。『BookLive!』で、今まで読んでこなかった本を読んでみることをオススメします。

まとめ

『BookLive!』の基本情報や利用するときのメリット・デメリット、使い方などを紹介しました。

『BookLive!』は、有料作品の試し読みや購入した作品を整理できる本棚機能など、とても使いやすい電子書籍サービスです。

また、作品の購入でTポイントを貯められたり、クーポンが配布されるなど作品をお得に楽しめる機能が充実しています。無料作品も多さも、『BookLive!』の魅力です。

『BookLive!』の便利な機能やお得なクーポンを利用して、毎日気軽に読書を楽しみましょう。