HOWTO

auブックパスとは? 基本的な使い方からメリット・デメリットまでご紹介

auブックパスはコミックや実用書、雑誌など多数のジャンルを取り扱っており、特にauユーザーから人気を集めている電子書籍サービスです。

本の購入ができるだけでなく「読み放題プラン」が用意されており、会員登録すれば気になる本を電子書籍として、アプリやブラウザ上で手軽に読むことができます。

本記事では、auブックパスの実際の評判、基本的な使い方や登録方法などを紹介していきますので、気になる箇所はぜひチェックしてみてください。

auブックパスとは?

auブックパスは、コミックや雑誌、小説、実用書など多数のジャンルが読める電子書籍サービスです。

auの携帯電話事業を行うKDDI株式会社が運営しており、au IDを作ればau以外のスマホユーザーも利用できます。au IDの登録により、欲しい電子書籍の購入が可能です。

他にも定額で読み放題のコースがあるため、手軽にいろいろなジャンルの本が読みたい方に向いています。

auブックパスでできる事は?

auブックパスでできることは、次の3つです。

  • 様々な本が読み放題
  • 2つの種類から読み放題コースが選択可能
  • 安心して利用が可能

ここでは、auブックパスでできることについて解説していきます。

様々な本が読み放題

auブックパスの読み放題に対応しているジャンルは、以下の通りです。

  • コミック
  • 雑誌
  • 小説
  • ビジネス書
  • 写真集
  • 絵本
  • 成人向け

本を買うとそのたびにお金がかかります。

しかし、auブックパスにある2種類の読み放題プランなら、月額料金を支払うだけでさまざまな本が読み放題になるので、お得に利用する事が可能です。

2つの種類から読み放題コースが選択可能

auブックパスには2種類の読み放題コースがあります。

「マガジンコース」は雑誌のみに対応しており、月額418円(税込)でファッション誌や情報誌、グルメ雑誌など300誌以上が読み放題です。

「総合コース」では月額618円(税込)で雑誌以外に、コミックや実用書、小説が読み放題で、マガジンコースよりも多くのジャンルを楽しむことができます。

安心して利用が可能

インターネット上には、違法にマンガや本をアップロードしているサイトがあります。

違法アップロードされたものを継続してダウンロードした場合、運営側だけでなく利用者にも罰則があるため注意しなければなりません。ダウンロード利用者の罰則は懲役2年以上、200万円以下の罰金と決まっています。

auブックサイトはたくさんの電子書籍をお得に読めるので、違法性があるのではないかと不安になってしまうかもしれません。

しかし、auブックパスはauの運営するサービスなので、違法性はなく安心して利用可能です。また、auブックパスは著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版の配信サービスであることを示す、登録商標ABJマークが付いています。安心して利用しましょう。

評判はどう?auブックパスの良い口コミ(メリット)

auブックパスの評判を見ていきましょう。

auブックパスのメリットは、以下の3つが挙げられます。

  • 値引きやクーポンでお得に利用ができる
  • 無料で利用できるコンテンツもあり
  • Pontaとのポイント連携ができる

順番に解説していきます。

値引きやクーポンでお得に利用ができる

auブックパスでは、お得なクーポンの配布や値引きが定期的に行われています。

例えば、auブックパスの9周年の時期には、人気のコミック『鬼滅の刃』『ミステリと言う勿れ』などの販売金額が、30%オフになったことがありました。

特別な期間のクーポン配布以外にも、特定の書籍に利用できる400円offクーポン、先着順で利用できるクーポンの配布もあります。

また、期間限定で特定の書籍が値引きになる場合も。値引きも半額、90%値引きなどもあるため、定額で書籍を購入するよりお得に利用する事が可能です。

無料で利用できるコンテンツもあり

auブックパスには、登録の必要もなく無料で読めるコンテンツがあります。

基本的にはコミックが多く無料コンテンツを取り揃えており、ジャンルは男性コミックや女性コミック、少年コミックなど、さまざまです。

2022年11月4日現在、全部で4,450件の無料マンガがあります。また、「読み放題コース」は初回登録から30日間は無料で利用可能です。

auブックパスが気になる方は、無料お試し期間でauブックパスを利用してみてはいかがでしょうか。

Pontaとのポイント連携ができる

auブックパスは、ポイントサービスであるPontaとの連携ができます。そのため、Pontaポイントで本を購入することが可能です。

本を購入すれば、au PAYマーケットで使えるPontaポイントが貯まります。普段からPontaポイントを貯めている方であれば、さらにお得にauブックパスを利用できるでしょう。

なお、購入の際にau PAYで支払った場合、最大20%のポイントがもらえる特典もあります。

読み放題じゃない?auブックパスの悪い口コミ(デメリット)

auブックパスのデメリットは以下の2つが挙げられます。

  • すべて読み放題ではない
  • 作品数が少ない
  • サービスが使いにくい

auブックパスの利用を考えているなら、登録後に後悔しないためにデメリットを知っておく必要もあるでしょう。

ここではこれらの詳細を解説していきます。

全て読み放題ではない

auブックパスの読み放題プランは、すべての書籍が対象ではありません。

例えば、コミックだと1巻のみ、もしくは最初の数巻のみが読み放題、それ以降はそのたび課金しなければ読めないものがあります。

また、中には読み放題の対象でない作品もあるため注意が必要です。読み放題コースに登録しても、すべてが読めるわけではないことを覚えておきましょう。

作品数が少ない

auブックパスは雑誌やコミックなど多数ジャンルを取り扱ってはいますが、読み放題の作品数が少ないと言われています。

コミックのラインナップは新作よりも旧作が多く、「満足できない」と感じる方もいるでしょう。せっかく登録したのに、読みたかった本やコミックが読めないこともあるかもしれません。

もしauブックパスを利用したいと考えるなら、あなたの読みたい本や好みのジャンルの本がそろっているかを確かめてから登録するといいでしょう。

サービスが使いにくい

auブックパスのサービスが使いにくい点は、以下の通りです。

  • ページが重く、ページ移動やダウンロードに時間がかかる
  • アプリの不具合が多い
  • TOP画面から検索しても作品にたどり着けないことがある
  • 商品購入はブラウザからでしかできない

ページが重い、アプリの不具合が多いなどは他のサービスにもありがちです。

しかし、電子書籍がブラウザからしかできないのは、auブックパスの1番使いにくい点ではないでしょうか。アプリで本を読んでいるのに購入のたびにブラウザを開かなければならないため、手間がかかります。

auブックパスの基本的な使い方

auブックパスで書籍を探したい場合、auブックパスのトップページよりタイトル・著作名で探すことが可能です。

auブックパスの検索バーを選択している画像

気になる本が見つかったら、購入を行います。

こちらはブラウザの画面ですが、ブックパスのアプリを登録すればオフラインでも本を読めるため便利です。

また、auブックパスでは購入した本を本棚で整理できます。本棚は最大5つまで作れるため、カテゴリ別に本を整理していきましょう。

auブックパスの登録方法

auブックパスに登録する場合は、au IDの取得が必要です。

登録手順は以下の通りです。

1. auブックパスから、右上のメニューを開く
2. 「ログイン」を選択
3. au IDを持っていれば「ログイン」、持っていなければ「新規登録」を選択
4. 登録するメールアドレスを入力し、「確認メールを送信」を選択
5. メールアドレスに届いた確認コードを入力し、「次へ」を選択
6. お客様情報を入力し、「利用規約に同意して新規登録」で完了

順番に解説します。

1. auブックパスから、右上のメニューを開く

auブックパスのメニューを選択している画像

2. 「ログイン」を選択

「ログイン」を選択している画像

3. au IDを持っていれば「ログイン」、持っていなければ「新規登録」を選択

au IDでログインする画面

4. 登録するメールアドレスを入力し、「確認コードを送信」を選択

au IDとして登録するメールアドレスを入力します。入力が終わったら「確認コードを送信する」を選択しましょう。

5. メールアドレスに届いた確認コードを入力し、「次へ」を選択

確認コードを入力すると、登録したメールアドレス宛に6桁の確認コードが届きます。確認コードに間違いがなければ、確認コードを入力し、「次へ」のボタンを押してください。

6. お客様情報を入力し、「利用規約に同意して新規登録」で完了

「パスワード・生年月日・性別」3つのお客様情報を入力します。入力した内容に誤りがなければ、「利用規約に同意して登録する」を選択しましょう。

au IDが登録できたら、本を検索し購入が可能です。

読み放題を利用したい場合、「総合コース」と「マガジンコース」で開くページが異なります。

総合コースを利用する場合は、「auブックパス」メニューにある「読み放題プラン(総合)入会」をタップして登録しましょう。

「読み放題プラン(総合)入会」を選択している画像

マガジンコースに入会したい場合は、「auブックパス マガジンコース」から、「読み放題プラン(マガジン)入会」を選択し、登録します。

「読み放題プラン(マガジン)入会」を選択している画像

auブックパスの解約方法

auブックパスの解約方法は、以下の通りです。

1. トップ画面より右上のメニューを開く
2. 「マイページ」を選択
3. 下に出てくる「読み放題プラン退会」を選択
4. 「退会する」をタップして完了

順番に解説します。

1. トップ画面より右上のメニューを開く

auブックパスのメニューを選択している画像

2. 「マイページ」を選択

「マイページ」を選択している画像

ログインしていない場合、au IDとパスワードでログインしましょう。

3. 下に出てくる「読み放題プラン退会」を選択

4. 「退会手続きを続ける」をタップして完了

なお、「各種サービス入会・退会-auスマートパス」からも退会はできます。

各種サービス入会・退会-auスマートパスからの退会方法は下記の通りです。

1. 「各種サービス入会・退会-auスマートパス」を開き、スクロールすると出てくる「auブックパス」の退会をタップ

auブックパスの「退会」を選択している画像

2. 退会する読み放題プランの「退会手続きへ」をタップ

auブックパスの退会手続き画面

3.最下部までスクロールし、「退会手続きを続ける」をタップ

4.「退会する」をタップして完了

auブックパスはこんな方にオススメ

auブックパスがおすすめな方は、以下の通りです。

  • Pontaポイントを貯めている方
  • au PAYマーケットを利用している方
  • 雑誌を多く読む方
  • お得に書籍の購入がしたい方
  • さまざまなジャンルの本を読みたい方

auブックパスはPontaポイントが利用できるため、普段からポイントをためている方に特におすすめです。

また、雑誌が300誌と多く取り扱われており、普段から雑誌を読む機会が多い方はお得に利用できるでしょう。

マンガだけを取り扱っている電子書籍サービスもありますが、auブックパスはいろいろなジャンルがそろっています。さまざまな電子書籍を読みたいなら、auブックパスを利用してみてください。

まとめ

auブックパスは小説や写真集、コミックなどさまざまなジャンルが取り扱われています。

普段からさまざまな本を読まれている方であれば、auブックパスサービスが便利に利用できるでしょう。

もちろん、人によって使いやすさは異なるため、一度利用してみるのがおすすめです。

初回登録から30日間は無料お試し期間があるため、気になる方はまず会員登録してお試しから利用してみてはいかがでしょうか。