HOWTO

Kindle Unlimitedとは? メリット・デメリット、料金プランまで徹底解説

「Kindle Unlimitedって本当にお得なサービス?」
「Kindle Unlimitedのメリット・デメリットが知りたい」

Kindle Unlimitedは、さまざまな本が読み放題のサービスです。しかし本当にお得に本を読めるのか、自分が読みたい本はあるのか、気になっている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、Kindle Unlimitedの

・料金プラン
・支払い方法
・メリット・デメリット
・便利な使い方

について紹介します。

この記事を読めば、Kindle Unlimitedがあなたに合ったサービスかバッチリ理解できます。Kindle Unlimitedに登録するか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

Kindle Unlimitedとは?

Kindle Unlimitedは、Amazonが提供する電子書籍サービスです。

幅広いジャンルを取り揃えたラインナップの豊富さと、200万冊を超える電子書籍が読み放題です。漫画・小説・雑誌・ビジネス書など、さまざまな本を好きなだけ読めます。

ダウンロードした電子書籍はスマホやタブレット、Kindle端末などで読めるため、自宅でも外出中でも、好きな場所で読書が可能です。Kindle Unlimitedは月額費用を払えば、200万冊の読み放題の本から好きなものを読めるサービスとなります。

Kindle Unlimited 30日無料トライアルとは?

Kindle Unlimitedには30日間の無料トライアルがあります。1か月ほど無料で利用できるため、読み放題サービスの使用感を確かめるには十分です。

注意しておきたいのは、無料期間を過ぎると自動的に契約が更新され、月額料金が発生することです。無料トライアルの終了期間は把握しておきましょう。

無料トライアルの解約を忘れて月額料金が発生しないか不安な方は、無料トライアルに登録したらすぐに解約処理するのがおすすめです。無料トライアル中に解約しても、登録してから30日間は、無料でKindle Unlimitedを体験できます。

Kindle Unlimitedを継続するかどうかは、無料トライアルを終えてから考えるとよいでしょう。まずは使用感を確かめるために、無料トライアルに登録することをおすすめします。

Kindle Unlimitedの料金は?

Kindle Unlimitedの料金は、月額で980円(税込)です。読み放題の対象であれば追加料金はなく、何冊読んでも980円(税込)で楽しめます。

「使用感を確かめずにいきなり課金するのは不安だな」という方は、30日間の無料トライアルを利用しましょう。

Kindle Unlimitedの月額料金が高いと感じる方には、不定期に開催される「初回限定で月額費用が格安料金になるキャンペーン」をおすすめします。過去には「2か月で99円」や「3か月で199円」などの割引キャンペーンが開催されました。

また、Kindleサービスに対応している「Kindle端末」や「Fireタブレット」を購入すると、Kindle Unlimitedを3か月利用できる特典がついてきます。Kindle Unlimitedに登録するか悩んでいる方は、お得な割引キャンペーンを利用して登録や端末とセットでの登録も検討してみてはいかがでしょうか。

Kindle UnlimitedとPrime Readingの違いは?

Kindle Unlimitedに似たAmazonのサービスに、Prime Readingというサービスがあります。この2つの違いは次のとおりです。

サービス名月額料金読み放題の冊数利用条件
Kindle Unlimited980円200万冊以上Kindle Unlimited登録
Prime Reading500円(Amazonプライム会員費)1,200冊以上Amazonプライム会員登録
※料金はすべて税込表記です。
※2023年1月時点のものです。

Kindle UnlimitedとPrime Readingは、読み放題対象の冊数に大きな違いがあります。 Prime Readingで読める本は1,200冊ほどですが、Kindle Unlimitedで読める本は200万冊以上です。

Prime Readingは、Amazonプライム会員に加入すると受けられるサービスの一つのため、独立したサービスではありません。Amazonプライムやお急ぎ便など、他のサービスと一緒に利用でき、元々プライム会員であれば追加料金なく利用できます。

Kindle Unlimitedは独立したサービスなので、Amazonプライム会員でも月額費用980円(税込)が必要です。

Amazonプライム会員の方で、お金をかけずに読み放題を利用したいならPrime Reading、豊富なラインナップの中から読書を楽しみたいならKindle Unlimitedを選びましょう。

Kindle Unlimitedでできる5つの支払い方法

Kindle Unlimitedで可能な支払い方法は次の5つです。

  1. クレジットカード
  2. デビットカード
  3. あと払い(ペイディ)
  4. キャリア決済
  5. ギフトカード

Kindle Unlimitedの請求は、初回請求日から30日ごとに発生します。

支払い方法を変更する場合は「アカウント設定」からKindle Unlimitedを選択し「お支払い設定を編集」を選択しましょう。それぞれの支払い方法について詳しく見ていきます。

1. クレジットカード

Kindle Unlimitedは、次のクレジットカードのブランドを使用可能です。

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
  • American Express
  • Diners

主要な国際ブランドはほとんど使用可能です。普段使いのクレジットカードをそのまま利用できるため、こだわりのない場合はクレジットカードでの支払いをおすすめします。

2. デビットカード

Kindle Unlimitedは、デビットカードでも決済できます。対応しているブランドは次のとおりです。

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

デビットカードはクレジットカードと比べて直接引き落としとなるため、使い過ぎる心配がありません。しかしクレジットカードと違い、一部のデビットカードは対応していない場合があります。

クレジットカードを持っていない方や、使い過ぎを防止したい方はデビットカードで支払いをしましょう。

3. あと払い(ペイディ)

Kindle Unlimitedは後払い(ペイディ)にも対応しています。ペイディとは、クレジットカードを使わずに購入代金を後払いにできるシステムです。審査の必要もなく、個人情報の入力で翌月払いにできます。

ただし支払い方法によっては手数料がかかります。支払い方法ごとの手数料は下記のとおりです。

支払い方法手数料
コンビニ払い356円
銀行振込金融機関によって手数料は異なる
口座振替無料
※料金はすべて税込表記です。
※2023年1月時点のものです。

クレジットカードやキャリア決済などが利用できない方は、後払い(ペイディ)決済も検討してみましょう。

4. キャリア決済

 Kindle Unlimitedでは次のキャリア決済が可能です。

  • d払い(NTT docomo)
  • ソフトバンクまとめて支払い(SoftBank)
  • ワイモバイルまとめて支払い(Y!mobile)
  • auかんたん支払い(au)

2023年1月現在では楽天ペイなどのスマホ決済には対応していません。対応するキャリアと契約している方は、ポイントが貯まりお得なのでキャリア決済もおすすめです。

5. ギフトカード

Kindle Unlimitedは、2022年からAmazonギフト券(ギフト券残高)での支払いも可能になりました。Amazonギフト券はイベントや記念品などでもらえる場合があるため、Kindle Unlimitedの月額費用にあてられます。

Amazonギフト券はAmazonにログインして登録しておくと、自動で支払いに利用されるため便利です。所持している方は、Kindle Unlimitedの月額費用が割引されるため、登録しておきましょう。

Kindle Unlimitedのメリット

Kindle Unlimitedは読み放題サービスのため、一度スマホやKindle端末などに電子書籍をダウンロードすれば複数の本を持ち運びでき、どこでも読書が可能です。他にもKindle Unlimitedにはメリットが多数存在します。主なメリットは次のとおりです。

  • 様々なジャンルの本を読むことができる
  • 最大20冊までダウンロードが可能
  • Kindle端末でも利用可能
  • 月に約2冊読めば月額費用の元が取れる

Kindle Unlimitedは、豊富なジャンルや使い勝手の良さが大きな特徴と言えます。詳しく見ていきましょう。

様々なジャンルの本を読むことができる

Kindle Unlimitedはさまざまなジャンルの本が読み放題対象となっているのが特徴です。次のようなラインナップが揃っています。

  • 漫画
  • 小説
  • ライトノベル
  • ビジネス書
  • 趣味・実用書
  • 洋書
  • 児童書
  • 資格獲得に役立つ本
  • 専門書
  • 雑誌

2023年1月現在で200万冊以上の本が読み放題の対象です。漫画や小説などの娯楽から、ビジネス書や雑誌まで幅広く展開しています。すべて追加料金なしで読めるため、あまり興味はなかったジャンルにも手を出しやすいのが魅力と言えるでしょう。

さまざまなジャンルの中から、ふと目についた本をダウンロードしてすぐに読めます。今まで手をつけていなかったジャンルの本を読んでみたい方にも、Kindle Unlimitedはおすすめです。

最大20冊までダウンロードできる

Kindle Unlimitedでは20冊もの本を端末に入れて楽に運べるため、好きな時・好きな場所で読書が可能です。

スマートフォンやタブレットに本をダウンロードしておくと「インターネット環境がない場所でも読書をできる」「通信量が気にならない」などのメリットもあります。読書がさらに捗ることでしょう。

以前までは10冊までしかダウンロードして持ち運ぶことができませんでした。しかし、2023年1月現在では最大20冊を持ち運びできます。20冊を超える本はダウンロードできないため、新しくダウンロードしたい場合は保有している本を返却しましょう。

Kindle端末でも利用できる

Kindle Unlimitedでダウンロードした本を読むときは、Kindle端末を利用できます。Kindle端末とは電子書籍専用の端末のことです。Kindle端末で本を読むときには、次のメリットがあります。

  • 読書専用の端末で読書に集中しやすい
  • 軽量で持ち運びやすい
  • ディスプレイがブルーライトカットで目に優しい
  • スマートフォン・タブレットよりバッテリーが長持ちする

Kindle端末には、読書に便利な機能がたくさんあります。ただし読書専用の端末なので、本を読む以外のことはできません。カラー画面を表示できないのも人によってはマイナスポイントです。

Kindle Unlimitedでダウンロードした本はKindle端末で利用できるため、読書に集中できる端末が欲しい方は、購入を検討しましょう。

月に約2冊読めば元が取れる

Kindle Unlimitedは月額費用980円(税込)のため、月に2冊ほど読めばそれだけで元が取れます。漫画は400〜500円、本であれば1,000円を超えるものもあるので、1〜2冊読むだけで元が取れるでしょう。

もちろん読み放題サービスなので、読めば読むほどお得になります。月に本を何冊も読む方は、すぐに元が取れるためKindle Unlimitedへの登録がおすすめです。

Kindle Unlimitedのデメリット

Kindle Unlimitedにはメリットが多数ありますが、デメリットも存在します。Kindle Unlimitedのデメリットは次のとおりです。

  • 急に読み放題対象外になる本もある
  • 新刊は少ない
  • 検索しにくい

Kindle Unlimitedに有料課金する前に、デメリットについても一通り理解しておきましょう。

急に読み放題対象外になる本もある

Kindle Unlimitedの読み放題対象はいつまでも読めるわけではありません。読みたいと思っていた本が予告なく読み放題の対象外になり、読めなくなるため注意しましょう。

読み放題の対象外だった本が読めるようになる場合もあるので、読みたい本が読み放題であるかどうかは時期によって異なります。読みたい本がある場合は、読み放題の対象外になる前に、ダウンロードしておきましょう。

新刊は少ない

Kindle Unlimitedの読み放題の対象には、新刊の本はあまり含まれていません。新作や話題作が読み放題の対象になるケースもありますが、マイナーなジャンルの本や少し前に話題を集めた本の方が多く読み放題に入っています。

しかし新刊のラインナップが少ないのは、Kindle Unlimitedに限った話ではありません。新刊や話題の本は、他の読み放題サービスでも基本的にラインナップに入らず、買い切りで購入するのが一般的です。

Kindle Unlimitedには新刊があまり置いていないので、新刊の本を求める方は別途料金を支払いましょう。

検索しにくい

Kindle Unlimitedは、本を検索するときの手順を理解しておかないと、目当ての本がなかなか見つかりません。Kindle Unlimitedで通常通りに検索をかけると、読み放題対象の本と対象外の本の両方が表示されます。

読み放題の対象だけ検索したいのに、有料の本が出てくる場合もあります。AmazonのトップページからアクセスできるKindle Unlimitedのトップページでは、読み放題対象の新着や特集が見られますので、まずそこで話題の本を探すとよいでしょう。

読み放題対象だけを検索する方法は、本記事内の「読みたい本を探す」の項目で詳しく解説しております。AmazonのサイトやKindleアプリの検索画面からでは、読み放題の対象作品は検索しにくいので注意しましょう。

Kindle Unlimitedの主な使い方

「Kindle Unlimitedに登録したけど使い方がよくわからない」

そのような方に向けて、Kindle Unlimitedの主な使い方を解説します。次の手順で読みたい本をダウンロードしましょう。

  • 読みたい本を探す
  • 本をダウンロードする
  • 読み終えた本はライブラリから削除する

それでは順番に解説します。

読みたい本を探す

Kindle Unlimitedで読みたい本を効率的に探すためには、「読み放題対象」の本を絞り込んで検索する方法がおすすめです。「キーワードから検索」と「ジャンルから検索」の2つの方法に分けて見ていきましょう。

キーワードから検索

キーワードから読みたい本を検索する場合の手順は、次のとおりです。

  1. 検索バーから書籍名・作者名・関連ワードなどのキーワードを入力して検索
  2. 「フィルタ」または「絞り込み」で「読み放題対象タイトル」を選択
  3. 絞り込みがおこなわれ、読み放題対象のタイトルだけが表示

読み放題対象のタイトルで絞り込んだ後、キーワード検索をしてもOKです。

デフォルトの状態では「読み放題対象のタイトル」と「読み放題対象外のタイトル」が同時に表示されます。「読み放題対象タイトル」で絞り込みを行えば、読み放題対象のタイトルだけが表示されるので便利です。

作者名+関連ワードなどをあわせると、より見つけやすくなるためうまく活用してください。

ジャンルから検索

ジャンルから読みたい本を絞り込む方法は次のとおりです。Kindleアプリから・ブラウザからの2パターンで解説します。

Kindleアプリからのケース

  1. Kindleアプリを起動
  2. 画面右下の「カタログ」をタップ
  3. 一番下にある「全てのカテゴリ」をタップ
  4. ジャンルが表示されるため、読みたいジャンルをタップ
  5. 検索バーが表示されるため、読みたい本やワードがあれば入力
  6. 絞り込まれたタイトルが表示

ブラウザからのケース

  1. 「Kindle Unlimited読み放題」のトップページへアクセス
  2. トップページにある「カタログで本を探す」を選択
  3. カテゴリーに「ビジネス・経済」「コミック」などのジャンルが表示されているので、興味のあるものを選択
  4. 検索バーが特定のジャンルで絞り込まれるため、検索したいワードがあれば入力
  5. 絞り込まれたタイトルが表示

カタログからジャンルを絞り込み、さらに探している本の検索ワードを入れれば、目当ての本が見つかりやすくなります。「ジャンル+検索バー」の絞り込みで読みたい本を探しましょう。

とくにKindleアプリで読み放題対象タイトルを検索する場合は、「カタログ」から検索する点が重要です。ホーム画面の検索バーから入力しても、Kindle Unlimitedの読み放題対象タイトルの絞り込みができません。

カタログをタップした後、画面右上のフィルタで「Kindle Unlimitedの読み放題対象タイトル」を選択すると、読み放題対象の本を絞り込めます。

本をダウンロードする

読みたい本を見つけたら、選択してダウンロードしましょう。同期しているアプリ端末に自動的に本がダウンロードされます。ブラウザから読み放題対象の本を選択した場合は、端末の方はダウンロードが未完の状態です。

追加した本はライブラリに表示されるため、端末から読みたい本をダウンロードしましょう。通信費を節約するため、Wi-Fi環境の整った場所でのダウンロードを推奨します。

読み終えた本はライブラリから削除する

Kindle Unlimitedはライブラリに最大20冊まで保有でき、それ以上は追加できません。読み終えた本はライブラリから「本の利用を終了」を選んで削除し、ライブラリに空きを作りましょう。

読み放題の対象期間は、ライブラリから削除しても何度でも再ダウンロード可能なため、もう一度読み放題に追加すれば読み返せます。

Kindle Unlimitedでダウンロードした本の管理は、Kindleアプリでは「ライブラリ」、ブラウザではKindle Unlimitedのトップページの「タイトルの管理」から可能です。読み放題タイトルをダウンロードできない時は、ライブラリから削除しましょう。

Kindle Unlimitedの登録方法

Kindle Unlimitedの登録方法は次のとおりです。

  1. Kindle Unlimitedの公式サイトにアクセス
  2. メールアドレスとパスワードを入力してログイン(Amazonアカウントがない場合は登録が必要)
  3. 「30日間の無料体験を始める」または「上記プランで登録する」を選択
  4. 支払い方法を選択(無料体験でも必要)
  5. 利用開始

まずKindle Unlimitedの公式サイトにアクセスし、自身のアカウントでログインします。アプリからの登録はできないため、ブラウザからです。Amazonアカウントがない場合は、この機会に作成しましょう。

次に無料体験ではじめるか、課金してはじめるか選択します。Kindle Unlimitedの無料体験にデメリットはとくにないため、基本的には無料体験ではじめる方がおすすめです。クレジットカード・キャリア決済など支払い方法を入力すると、利用が開始されます。

無料でKindle Unlimitedの使用感を試したい方は、無料トライアルの終了期間を忘れずにメモしましょう。自動更新で月額料金が発生するのを防げます。

Kindle Unlimitedの解約方法

「いざという時すぐに解約できないと不安」

そのように感じる方もいるかもしれません。しかし、Kindle Unlimitedの解約は手順を理解しておけば簡単におこなえます。次の手順で解約することができます。

  1. Amazon公式サイトにメールアドレスとパスワードを入力してログイン
  2. Amazonトップページの「アカウント&リスト」を選択
  3. 「お客様のKindle Unlimited」を選択
  4. 「メンバーシップ管理」の中にある「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」を選択
  5. 「メンバーシップを終了する」を選択すると解約完了

Kindle Unlimitedの解約は、Amazon公式サイトから手続きします。Kindleアプリは閲覧専用アプリのため解約手続きはできません。

Amazonトップページの「アカウント&リスト」からKindle Unlimitedの設定へ移行し「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」を選択します。「メンバーシップを終了する」を選択すると解約手続きは完了です。

Kindle Unlimitedと他サービスとの比較

Kindle Unlimitedの他にも、読み放題サービスを展開しているサブスクリプションは複数あります。せっかく課金するのならば、一番お得なサービスを使用したいところです。

そこで、Kindle Unlimitedと他の読み放題サービスを比較して解説します。Kindle Unlimitedに類似したサービスは次のとおりです。

Kindle Unlimitedシーモア読み放題楽天マガジンBOOK☆WALKERブック放題
月額費用980円780円(ライト)
1,480円(フル)
418円836円550円
取り扱い冊数200万冊以上45,000冊以上(ライト)
110,000冊以上(フル)
1,000誌以上(雑誌)20,000冊以上(漫画)
8000冊以上(ラノベ)
40,000冊以上(漫画)
700誌以上(雑誌)
無料期間30日7日31日なし1か月
特徴膨大な数・豊富なラインナップ業界最大級の漫画取り扱い数雑誌専門の読み放題漫画に加えて豊富なライトノベル取り扱い数コストパフォーマンスの高い読み放題サービス
※料金はすべて税込表記です。
※2023年1月時点のものです。

Kindle Unlimitedはさまざまなジャンルを取り揃える豊富なラインナップが特徴です。一方、他のサービスにはそれぞれ特化したジャンルがあります。

「シーモア読み放題」は最後まで読める漫画が多い漫画特化読み放題サービス、「楽天マガジン」は雑誌メインの読み放題サービスです。

「BOOK☆WALKER」は漫画に加えて小説・ライトノベルも充実しています。「ブック放題」は漫画読み放題サービスとしては月額550円(税込)とコストパフォーマンスに優れる点が特徴です。

それぞれのサービスによって、月額費用・取り扱い冊数に違いがあるとわかります。無料期間についても、存在しないサービスから、1か月のお試し期間のあるサービスまでさまざまです。

特定のジャンルに特化している他のサービスと比べると、Kindle Unlimitedは豊富なラインナップが揃っています。取り扱い冊数も他と比べて圧倒的な200万冊です。漫画・小説・ビジネス書・洋書と、さまざまな本を読みたい方には、Kindle Unlimitedが最もおすすめのサービスです。

Kindle Unlimitedに関するよくある質問

「Kindle Unlimitedに登録したけど、思った感じとは違った」

そのような失敗がないように、Kindle Unlimitedで多くの方に寄せられている疑問を紹介します。Kindle Unlimitedでよくある質問は次のとおりです。

  • Kindle Unlimitedをおすすめできるのはどんな人?
  • Kindle Unlimitedをおすすめできないのはどんな人?
  • Kindle Unlimitedで読める本は少ない?
  • Kindle Unlimitedにダウンロード期限ってある?
  • Kindle Unlimitedは無料期間後も再度無料トライアルに加入できる?

Kindle Unlimitedに登録するか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

?

Kindle Unlimitedをおすすめできるのはどんな人?

Kindle Unlimitedは、幅広いジャンルの本を楽しみたい人におすすめです。Kindle Unlimitedは、読み放題対象の書籍が200万冊あり、幅広いジャンルが揃う点が魅力の読み放題サービスです。本を読むのが好きな方や、新しいジャンルを開拓したい方にはピッタリといえます。ビジネス書や雑誌も充実しているため、新しい知識を得たい方や、新しい本に出会いたい方に特におすすめです。

?

Kindle Unlimitedをおすすめできないのはどんな人?

漫画やライトノベルを中心に読みたい方には、Kindle Unlimitedはあまりおすすめできません。Kindle Unlimitedでは、漫画やライトノベルジャンルのタイトルは数冊しか読み放題の対象に選ばれないため、最後まで読める漫画やライトノベル作品は限られています。漫画やライトノベル中心のサービスには「漫画読み放題サービス」があるので、そちらを利用しましょう。ただしKindle Unlimitedでも1巻が読み放題の対象に入っている作品は多いため、試し読みに利用する場合はKindle Unlimitedも十分使えます。

?

Kindle Unlimitedで読める本は少ない?

Kindle Unlimitedの読み放題冊数は200万冊以上なので、決して少なくありません。200万冊以上の取り扱い数は、読み放題サービスでは最大級の多さです。ラインナップも豊富で、幅広い年齢層が満足できるサービスとなっています。漫画や小説だけでなく、実用性の高いビジネス書や専門書も扱っているため、新しい知識や気づきを得るチャンスにもなります。Kindle Unlimitedは読める本が多いため、豊富なジャンルを読みたい人におすすめできるサービスです。

?

Kindle Unlimitedにダウンロード期限ってある?

Kindle Unlimitedにはダウンロード期限は存在しません。ダウンロード期限がないため、対象の本が読み放題である限りはいつでもダウンロードして読み返せます。ただし次の条件の場合は、本が読めなくなるため注意しましょう。

・Kindle Unlimitedの無料トライアルが終了し、契約期間が過ぎた場合
・Kindle Unlimitedを解約し、契約期間が過ぎた場合
・ダウンロードした本がKindle Unlimitedの読み放題対象から外れた場合

Kindle Unlimitedにはダウンロード期限はありませんが、サブスクリプションのため契約期間の終了・読み放題の対象から外れると読めなくなります。気になる本はダウンロードするだけで満足せず、早めに読むようにしましょう。

?

Kindle Unlimitedは無料期間後も再度無料トライアルに加入できる?

実はKindle Unlimitedは、無料トライアルを体験済みでも再度無料トライアルに加入できます。サブスクリプションの無料トライアルは基本的に、一度体験したあと、再び無料体験をすることは不可能です。しかし、Kindle Unlimitedは、時間を置けば再度無料トライアルに登録することができます。Kindle Unlimitedの登録画面で「無料体験を始める」のボタンがあれば、無料で読み放題を再開できます。
ただし無料体験の2回目・3回目の加入はある程度時間を置く必要があるようで、詳しい情報は公開されていません。無料体験に加入できなくても、特別オファーで2か月99円、3か月199円などの割引キャンペーンが開催される可能性もあるため、気になる方はチェックしておきましょう。

まとめ:幅広いジャンルの本を読む方はKindle Unlimitedに登録しよう!

読み放題サービス、Kindle Unlimitedについて解説しました。Kindle Unlimitedについてまとめると下記になります。

  • 200万冊の数と幅広いジャンルを取り扱う読み放題サービス
  • 30日間の無料トライアル期間があり、使用感を体験可能
  • 月に2冊は読めば元が取れるコストパフォーマンスの高さが魅力
  • 検索方法がややわかりにくいため注意が必要
  • 他の読み放題サービスと比べてラインナップが豊富でおすすめできるサブスクリプション

Kindle Unlimitedは月額980円(税込)で追加料金なしに、200万冊のラインナップから読み放題で読書を楽しめます。今だけ読み放題対象のタイトルも多数あるため、無料トライアル期間を使ってぜひこの機会にKindle Unlimitedを試してみましょう。