HOWTO

Apple Musicの楽曲がダウンロードできない原因は?対処法も解説!

Apple Musicでオフライン再生をするために必要な楽曲のダウンロード。なぜかできなかったことはありませんか?こちらの記事では、Apple Musicで楽曲をダウンロードできない原因と解決策をご紹介します。今まさにダウンロードができなくてなんとかしたい、とお困りの方も是非参考にしてみてください。

Apple Musicで楽曲をダウンロードできない原因とは?

Apple Musicダウンロードができない時によくある現象は以下の3つです。

  • 曲名がグレー表示になっている
  • ダウンロードがいつまで経っても終了しない
  • アプリがフリーズする

上記のような、ダウンロードができない現象が起きる時には、以下の原因が考えられます。

  • 配信されていない楽曲である
  • インターネットの接続状況が悪い、通信障害が発生している
  • デバイスの空き容量が不足している
  • 他のデバイスでダウンロード済みである
  • ライブラリが同期されていない
  • Apple Music側で不具合が発生している

これらの原因について、詳しく説明していきます。

配信されていない楽曲である

楽曲のタイトル部分がグレー表示なっている場合、楽曲の配信が停止されていることが考えられます。
たとえば、アルバムから先行楽曲のみが配信されていて、他の楽曲はリリース日になってからでないと配信がされず聴くこともできない、という状況です。

曲名が表示されていても、グレーの表示になっている場合は、ストリーミング再生もダウンロードもできません。この場合は、リリース日になるまで待つしかありません。

インターネットの接続状況が悪い、通信障害が発生している

Wi-Fiなどのインターネット環境に不安定な場合や、不具合が発生していることが原因で、ダウンロードができないあるいはグレー表示になっている可能性があります。
Wi-Fiやモバイル回線などの状況を確認してみましょう。

デバイスの空き容量が不足している

ダウンロードするということはデバイスに保存するため、ご使用のデバイスのストレージが不足している場合もダウンロードできません。
スマホやパソコンなどの保存するデバイスの空き容量を確認してみましょう。

他のデバイスでダウンロード済みである

Apple Musicでは、同じApple IDを使用している他のデバイスにも自動で同期されます。そのためダウンロードしたことがある楽曲やアルバムは、同じアカウントを使用して他のデバイスでもう一度ダウンロードすることはできません。

iPhoneとMacなど複数のデバイスで同じApple IDを使用しApple Musicを利用している方は、今ダウンロードしようとしている楽曲やアルバムがダウンロード済みのものでないか確認してみましょう。

ライブラリが同期されていない

Apple Musicでは、ミュージックライブラリと同期しなければ楽曲のダウンロードができません。
ミュージックライブラリがオフのままダウンロードしようとした場合は、以下のような「ライブラリを同期してください。」という画面が出現しますので、「ライブラリを同期」をタップしましょう。

「ライブラリを同期」を選択している画像

これだけで同期が有効になっていますが、ミュージックライブラリがきちんと有効になっているかは以下の手順で確認することも可能です。

1.「設定」を開きます。

iPhoneの「設定」を選択している画像

2.「ミュージック」をタップします。

「ミュージック」を選択している画像

3.「ライブラリを同期」がオンであればOKです。

「ライブラリを同期」を選択している画像

もし、オフになっている場合はオンにしておきましょう。
この設定は、Apple Musicを複数のデバイスでお使いの場合、全てのデバイスで必要です。
他にもお使いのデバイスがあれば、「ライブラリを同期」が有効になっているか確認しましょう。

Apple Music側で不具合が発生している

上記の原因に当てはまらない場合、Apple Music側のサーバーで通信障害が発生していたり、アプリに不具合が発生している可能性があります。

Apple Musicでは、システムの状況をこちらのページより確認することができます。楽曲のダウンロードに影響する障害が発生している場合は復旧を待ちましょう。

Apple Musicで楽曲をダウンロードできない時の対処法

ここからは、Apple Musicの楽曲がダウンロードできないという問題を解決するための対処法をいくつかご紹介します。

デバイスやアプリを再起動する

ダウンロード中にApple Musicのアプリがフリーズしたり、アプリが落ちてしまう場合は、アプリを強制終了させデバイスを再起動させましょう。

この再起動だけでもダウンロードができないという問題が改善することがありますので、まずはこの方法をお試しください。

インターネットの接続状況や通信障害が発生していないか確認する

インターネット環境に問題がある場合も、ダウンロードはできません。

一旦ダウンロードを中断し、Apple Musicのアプリを閉じてからSafariやクロームといったWebブラウザで他のサイトを開いたり、検索などができるか確認してみましょう。
正常な動作ができない場合はインターネットの接続に問題があります。

デバイスのWi-Fiをオフにしてしばらくしてから再度オンにしてみてください。
それでも接続状況が変わらない場合、自宅のWi-Fiなど電源を切ることが可能であれば、Wi-Fi本体の電源をオフにし、再度電源を入れ接続し直してみましょう。

ライブラリから削除しダウンロードをやり直す

楽曲のダウンロード中にインターネット環境が不安定になると、ダウンロードができていないことや、ダウンロードが一向に終わらないことがあります。

そういった場合はダウンロードを一旦中断し、ライブラリから削除、そして再度ライブラリへの追加とダウンロードのやり直しをしてみましょう。

デバイスの空き容量を確保する

ダウンロードができない原因の一つに、デバイスのストレージ不足が挙げられます。
この場合はスマホやPCの容量を空けることで問題が解決しますので、不要なアプリや写真、動画データなどを削除したり他の媒体などに移動しましょう。

Android端末の場合は、ダウンロード先を外付けのSDカードに設定することも可能です。Androidを使用されている方はこの方法でも対処できます。

OSを最新のものにアップデートする

最新版のOSになっていないことが原因で、Apple Musicの楽曲がダウンロードできない場合があります。
OSを最新のものにすることによって、最新版のアプリを使用できるようになり正常にダウンロードできる可能性がありますので、アップデートを行いましょう。

iPhoneの場合

「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順でタップします。
「アップデート」と表示されていれば旧バージョンですのでアップデートを行いましょう。

Androidの場合

「設定」→「端末情報」「端末管理」「バージョン情報」→「ソフトウェア更新」の順でタップします。
次に「ソフトウェア更新」「ソフトウェアアップデート」「今すぐ更新」などをタップすると、最新版への更新ができます。

Appleからサインアウトし再認証をする

Apple IDの認証がうまくできていない、という可能性もありますので、改めて認証を行いましょう。
iPhoneの場合は「設定」よりApple IDのサインアウトとサインインができます。
Macの場合は、ミュージックアプリのにあるメニューバーの「アカウント」から再認証が可能です。

Apple Musicの雲マークの表示が通常と異なっていてダウンロードできない場合

Apple Musicの楽曲がiCloudミュージックライブラリに追加されてダウンロード可能な状態になると雲マークが表示されます。
しかし、楽曲がダウンロードできない時は雲マークがいつもと異なる表示になっていることがあります。

ここでは、雲マークが通常と違う表示になっている時の意味について確認していきましょう。

雲マークが二重になり斜線が入っている

雲マークが二重になり斜線が入っている画像

雲マークが二重になり斜線が入っている時は「重複している」という意味です。
ライブラリに同じ楽曲が複数存在している時に表示されます。iCloudミュージックライブラリにアップロードされなかった方の楽曲に表示されます。

雲マークの中に「!」マークがある

雲マークの中に「!」マークが入っている画像

雲マークに「!」が入っている時は「エラー」という意味です。
曲のファイルが破損、もしくはアップロード中にエラーが発生した時に表示されます。
クラウドライブラリをアップデートすることで解決することがあります。

雲マークに斜線が入っている

雲マークに斜線が入っている画像

雲マークに斜線が入っている時は「不適格」という意味です。
iTunes Storeから購入した曲ではない曲や、使用しているのとは別のApple IDを使って購入した曲、楽曲ファイルが大きすぎる時などに表示されます。

雲マークに「✕」がついている

雲マークに「✕」マークが入っている画像

雲マークに「✕」がついている時は「削除済み」を意味します。
iPhoneやパソコンなど複数のデバイスでiCloudミュージックライブラリでの同期をオンにしていて、いずれかのデバイス上で曲が削除された時に表示されます。

雲マークが点線になっている

雲マークが点線になっている画像

雲マークが点線になっている時は「アップロードの待機中」という意味です。
まだiCloudミュージックライブラリに曲がアップロードされておらず待機中の状態や、マッチングできない時に表示されます。

Apple Musicで楽曲をダウンロードする正しい方法【iPhone】

最後に、Apple Musicの楽曲を正しくダウンロードする方法を説明します。

単曲でダウンロードする場合

1.タイトル横の「・・・」をタップします。

Apple Musicの再生画面で「...」を選択している画像

2.「ライブラリに追加」をタップします。

「ライブラリに追加」を選択している画像

  ライブラリに追加された旨が表示されます。

楽曲がライブラリに追加された時の画面

3.再び「・・・」をタップします。

Apple Musicの再生画面で「...」を選択している画像

4.「ダウンロード」をタップします。

「ダウンロード」を選択している画像

 アルバムページのタイトル横に「↓」が表示されていればダウンロードは完了しています。

ダウンロード完了後「↓」が表示されていることを確認する画面

アルバムやプレイリスト単位でダウンロードする場合

1.ダウンロードしたアルバムやプレイリストの「+」をタップします。

アルバムページで「+」を選択している画像

ライブラリに追加された旨が表示されます。

アルバムがライブラリに追加された時の画面

2.「↓」をタップします。

アルバムをダウンロードするために「↓」を選択している画像

  「✓」が表示されればダウンロード完了です。

アルバムのダウンロードが完了し「✓」を選択している画像

Apple Musicで楽曲をダウンロードする正しい方法【Mac】

1. 楽曲名の端にある「…」を選択します。

MacのApple Musicで「...」を選択している画像

2. 表示されたメニューから「ライブラリに追加」を選択します。

「ライブラリに追加」を選択している画像

3. すると「↓」マークが表示されるので、こちらをクリックします。

MacのApple Musicで「↓」を選択している画像

ダウンロードボタンがあったところの「↓」が白抜きに変わっていたらダウンロード完了です。

MacでApple Musicの楽曲のダウンロードが完了した画面

アルバムやプレイリスト単位でダウンロードする場合

1. ダウンロードしたいアルバムやプレイリストの画面で「+追加」ボタンを選択します。

「+追加」ボタンを選択している画像

2. 「↓」ボタンが表示されるのでこちらを選択します。

アルバムのダウンロードボタンを選択している画像

最後に、「↓」ボタンが「✓」マークに変わったらダウンロード完了です。

MacのApple Musicでアルバムのダウンロードが完了した画面

まとめ

Apple Musicで楽曲のダウンロードができないと、好きな曲を繰り返し聴くことができず困りますよね。今回はそのダウンロードができないという現象でお困りの方に向けて、原因と解決方法をご紹介しました。

ダウンロードができなくなってしまった時、まずは原因を探ってみましょう。
対処法を一つずつ試してみて、それでも解決しない場合はAppleサポートに問い合わせてみてください。Apple サポートでは、チャットや電話の他にもサポートコミュニティがあり、他のユーザーがあなたの質問に答えてくれます。
サポートが混雑している場合や、気軽に質問したい方はこちらも活用してみてください。

音楽配信サービスでの人気記事ランキング