HOWTO

YouTube Musicで歌詞を見ながら音楽を聴く方法!表示されない時の対処方法もご紹介

YouTube Musicは歌詞を見ながら音楽を聴くことができます。今回はスマホ、PCの両方でYouTube Musicの歌詞を表示させる方法をご紹介します。また、歌詞を表示できない時の原因と対処方法も解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

YouTube Musicで歌詞を見るには?

YouTube Musicは、無料プラン有料プラン問わず歌詞を表示させることができます。
ここでは、YouTube Musicの歌詞の見方を解説します。

スマホで歌詞を表示させる場合

スマホのアプリ版YouTube Musicで歌詞を表示させるには、プレイヤー画面で画面下中央の「歌詞」の部分を選択しましょう。

YouTube Musicアプリで「歌詞」を選択している画像

ここで歌詞の全文を見ることができます。

YouTube Musicで歌詞が表示された画面

「歌詞」と表示されている部分を下まで引っ張ると、歌詞画面を閉じることができます。

表示された歌詞を閉じている画像

PCで歌詞を表示させる場合

PC版YouTube Musicで歌詞を見るには、楽曲を再生して画面下の細長いプレイヤーバーをクリックしましょう。

PC版YouTube Musicでプレイヤーバーを選択している画像

プレイヤー画面が全画面で表示されたら、右側の「歌詞」を選択します。

PC版YouTube Musicで「歌詞」を選択している画像

すると、歌詞の全文を見ることができます。

PC版YouTube Musicで歌詞が表示された画面

YouTube Musicで歌詞が見られない時の原因と対処方法

YouTube Musicの歌詞が見られない原因には以下のようなことが考えられます。

・アプリのバージョンが古い
・YouTube Musicアプリ内で処理に関するバグが起こっている
・歌詞に対応していない楽曲を聴こうとしている
・デバイスに不具合が発生している

それでは、それぞれの原因に対する対処方法を確認していきましょう。

アプリを最新版にアップデートする

YouTube Musicアプリを最新バージョンにアップデートすることで歌詞が見られるようになることがあります。

iOS版アプリの場合はApp Store、Android版アプリの場合はGoogle Play Storeで「YouTube Music」と検索してください。
「アップデート」と表示されている場合はアップデートを行いましょう。「開く」と表示されていれば、アップデートの必要はありません。

YouTube Musicアプリの「アップデート」を選択している画像

YouTube Musicに再ログインする

YouTube Musicアプリ内で問題が発生していて歌詞が表示されない場合、再ログインすることで解決することがあります。

YouTube Musicをログアウトするには、画面右上のプロフィールアイコンを選択しましょう。

YouTube Musicでプロフィールアイコンを選択している画像

「アカウントの切り替え」を選びます。

「アカウントの切り替え」を選択している画像

「このデバイスのアカウントを管理」を選びます。

「このデバイスのアカウントを管理」を選択している画像

「このデバイスから削除」を選択します。

「このデバイスから削除」を選択している画像

「アカウントを削除しますか?」というポップアップが表示されるので、「削除」を選択します。
削除すると言っても、アカウントそのものが削除されるわけではなく、ログアウトするだけなのでご安心ください。

デバイスからアカウントを削除するか確認する画面

ログアウトできたら、「ログイン」を選択し再度ログイン情報を入力してください。

YOuTUbe Musicのログインを選択している画像

YouTube Musicアプリを強制的に閉じる、アプリをアンインストールする

上にスワイプしてYouTube Musicアプリを強制的に閉じることで歌詞表示に関する不具合が直ることがあります。
強制終了後、もう一度YouTube Musicアプリを開いてトライしてみましょう。

YouTube Musicアプリを強制終了している画面

もしくは、いったんYouTube Musicアプリをアンインストールし、再度インストールし直してみてください。

歌詞対応楽曲を聴く

YouTube Musicで歌詞表示未対応の楽曲は「歌詞を表示できません」という表示が出てきます。
その場合は、歌詞表示に対応している楽曲を探しましょう。

YouTube Musicで歌詞表示に対応していない曲の画面

端末を再起動させてみる

スマホやPCなど使用中の端末を再起動して不具合が解消されるかお試しください。
再起動後は、もう一度YouTube Musicアプリを開いて歌詞が見られるか確認してみましょう。

【比較】歌詞が見られる音楽配信サービスは他にある?

SpotifyやApple Musicなど、YouTube Musicの他にも歌詞を見ながら音楽を聴ける定額制音楽配信サービスがあります。
以下の表でYouTube Musicと他の音楽配信サービスの概要を比較してみましょう。

YouTube MusicApple MusicSpotifyAmazon Music UnlimitedLINE MUSICAWA
月額料金・iPhone: 1,280円Android / Web: 980円(個人)
・Android / Web: 480円(学生)
・iPhone: 1,950円Android / Web: 1,480円(ファミリー)
・980円(個人)
・580円(学生)
・1,480円(ファミリー)
・480円(Voice)
・980円(個人)
・1,280円(Premium DUO)
・480円(学生)
・1,580円(ファミリー)
・980円(個人)
・880円(プライム会員)
・1,080円(Apple経由)
・480円(学生)
・480円(ワンデバイスプラン)
・1,480円(ファミリー)
・980円(個人)
・480円(学生)
・1,400円(ファミリー)
・980円(個人)
・270円(アーティストプラン)
・480円(学生)
楽曲数非公開9,000万曲以上8,200万曲以上9,000万曲以上9,000万曲以上1億曲以上
無料プランありなしありありありあり
無料トライアル期間3ヶ月1ヶ月1ヶ月30日1ヶ月1ヶ月

 YouTube Musicは歌詞を見ることができる楽曲が他の音楽配信サービスと比較すると少ないので、たくさんの楽曲の歌詞を見たいという方は他サービスの利用も検討してみてください。

また、YouTube Musicは歌詞の追尾表示ができません。Apple MusicやAmazon Musicなどは歌っている部分に合わせて歌詞に色がつくので、カラオケなどの練習がよりしやすいでしょう。

よくある質問

?

オフライン再生中でも歌詞を見られる?

オフライン再生でも歌詞を表示させることは可能です。ただし、iPhoneではライブラリの「一時保存済みの曲」からダウンロードした楽曲を再生すると歌詞が見られない不具合が起こることがあるのでご注意ください。

?

自分で歌詞を編集したり追加したりすることはできる?

YouTube Musicの歌詞は一般のユーザーが編集・追加することはできません。YouTube Musicの歌詞は「LyricFind」という海外の企業が提供しています。現時点では、「LyricFind」へはアーティスト本人や楽曲の権利所有者のみ歌詞を追加することが可能です。

YouTube Musicは歌詞表示ができる|まとめ

YouTube MusicはフリープランでもスマホやPCで簡単に歌詞を表示させることができます。
歌詞が見られない時は、デバイスを再起動したりアプリを最新バージョンにアップデートすると問題が解消される可能性があります。

歌詞を見ながら音楽を聴けば、より深くアーティストの楽曲の世界観を理解することに繋がるので、YouTube Musicをご利用の方はぜひ歌詞表示機能も活用してみてはいかがでしょうか。

音楽配信サービスでの人気記事ランキング