HOWTO MOV

DAZNが見れない!?トラブルを即解決するために知っておきたい、よくある原因と対処法&事前の対策

DAZN(ダゾーン)で動画が再生されない、アプリが起動できない、画質が急に悪くなった等、スムーズに動画が見られないとストレスを感じるはず。観戦中に不具合が生じると大事な場面を見逃してしまう恐れもあります。この記事では、トラブルが起きてしまったときに速やかに解決するヒントを解説。また、未然に防ぐための対策をご紹介します。

DAZNが視聴できない際によくある原因

トラブルが起きたとき、原因がどこにあるか知ることで速やかな解決に繋がります。まずはDAZN(ダゾーン)が視聴できない場合によくある原因を解説します。

原因その1:インターネットの通信状況に問題がある

通信環境の不具合は最もよくある原因のうちの一つ。動画の再生中に突然画質が落ちてしまう、映像がカクカクしたり止まったりする、再生ボタンを押したのに「バッファリング」(画面中央でグルグルと回っているもの)が現れて映像がなかなか始まらない…こういった現象が起きたときは、通信環境やインターネット回線の速度に不具合がある可能性が考えられます。

原因その2:再生デバイスの不具合

再生デバイスの不調でDAZNが再生できないこともあります。現在視聴しているものと別のデバイスで再生してみて不具合が起きない場合は、端末側の問題である可能性が高いでしょう。

このときまず確認すべき点は、視聴デバイスのスペックです。DAZNに対応しているデバイスか、そしてDAZNが推奨する基準を満たしているかどうかをご確認ください。推奨環境等は後半でご紹介します。対応デバイスにも関わらず再生ができない場合は、端末の一時的な不具合も考えられます。その際は再起動を行うと改善することがあります。

原因その3:3台以上で同時視聴している

DAZNでは、1つのアカウントにつき2つの端末で同時視聴ができます。同時視聴が可能なデバイス数を超えて3台以上で同時再生すると、すでに再生中の2台のうちどちらかのライブストリーミングが停止されます。自分の端末で急に映像が見られなくなったときは、他のデバイスで再生していないかご確認ください。

また、DAZNでは1つのアカウントにつき5台の端末を登録できますが、6台目以降でログインすることはできません。ログインの際に問題が起きたときは、すでに登録済みのデバイスで登録端末台数を確認してみてください。

原因その4:VPNを経由してアクセスしている

VPNとは、インターネット接続時にアクセスしている現在地を別の場所として装うことができる機能です。こちらを利用して海外から日本の動画配信サービスを利用している方もいますが、日本版DAZNは利用を国内のみに限定しているため、VPNを経由したアクセスが行えない仕様になっています。

こういった仕様上の理由から、たとえ日本でDAZNを利用していてもVPNを経由するとDAZNが使えなくなってしまうため注意しましょう。まれにVPNを経由していないにも関わらずご自身のIPアドレスが海外のものとして認識されてしまうこともあります。その際はプロバイダへ問い合わせてください。

原因その5:DAZN側に障害がある/メンテナンス中である

DAZNそのものに障害が発生しているときや、DAZNがメンテナンス中の場合は、動画が視聴できません。解決するまで待ちましょう。

別のデバイス/方法で再生すると原因が特定できることも

DAZN再生のトラブルの原因を探るために、「別のデバイスで再生する」という方法も有効です。

テレビで再生できない場合はパソコンやスマホで、スマホアプリで再生できない場合はブラウザで、Wi-Fiで再生できないときはモバイルデータ通信で…など、現在再生している方法とは別の手段でDAZNの中継を再生してみましょう。たとえばWi-Fi環境下のみで再生できない場合は、Wi-Fiの通信速度に問題がある可能性が高いです。ブラウザでは再生できるのにアプリでは再生できないというときは、アプリに何かしらの原因があると考えられます。

どのデバイス/方法でも視聴できない場合は、DAZN自体のトラブルやメンテナンスが考えられます。

DAZNが見られないときの解決方法とトラブル防止策

続いて、DAZNが見られないときの解決方法をご紹介します。こちらで触れている内容は、今後のトラブル防止策としても有効です。

デバイスごとの推奨環境

DAZNが推奨している視聴環境の条件を満たしていないと、映像が再生できなかったりスムーズに視聴することができなかったり、トラブルが起こり得ます。2022年10月現在、DAZNが推奨している環境は以下の通りです。こちらはDAZN公式ページの「ヘルプ」や「よくある質問」でもチェックできます。

■WEB OS:Windows8.1、Windows10、MacOSX以上

■WEBブラウザ:最新バージョンのGoogle Chrome、Safari、Firefox、Microsoft Edge

■アプリ: iOS 13.0以上のデバイス、Android 5.0以上のデバイス、Amazon Kindle Fire(2014年に発売された第4世代以降)

■ゲーム機:PlayStation 4 Pro、PlayStation 4、PlayStation 5、Xbox One、Xbox One S、Xbox One X、Xbox Series X、Xbox Series S

■テレビ:パナソニック、LG、シャープ、ソニー、東芝などの一部機種や、Android TV機能を備えた機種が対応しています。詳しくは関連記事やDAZN公式サイトにてご確認ください。

なお、前述の通りDAZNは最大5台のデバイスを登録でき、2台まで同時視聴が可能です。この制限を超えないようご注意ください。

デバイスのOSやアプリを最新版にアップデートする

デバイスのOSやDAZNアプリが最新バージョンでないと、視聴時に不具合が起きることがあります。トラブルが発生した際はアプリ等のバージョンを確認して、最新になっていない場合はアップデートを行いましょう。

インターネット回線の通信速度を見直す

動画がスムーズに動かない、止まる、画質が極端に悪いといったトラブルは、インターネット回線の速度を改善すると解決することも。DAZNの動画画質は通信速度など視聴時の環境に合わせて自動的に選択されます。従って、インターネットの速度が遅いと画質が悪くなってしまうことがあります。

使用デバイスによって、視聴に適したインターネット速度は異なります。DAZN公式が推奨する基準は以下です。

インターネット速度視聴環境画質
2.0Mbps外出先標準
3.5MbpsモバイルデバイスHD画質
6.0MbpsテレビHD画質と高フレームレート
8.0Mbpsテレビ最高画質

一時的に通信速度が遅くなってしまった場合や速度が不安定なときは、一度デバイスのネット接続を切ってWi-Fiルーターを再起動してみましょう。また、ルーターの設置場所を変える、中継機を設置するといった方法でも通信環境を整えることができます。

アプリの設定を変更して通信量を節約する

映像の画質は落ちてしまいますが、動画をスムーズに再生することを優先したい方は「通信量の節約」も解決方法としておすすめです。通信速度をすぐに改善することができない際などにぜひお試しください。

DAZNアプリでは、設定を変更することで通信量を節約することが可能です。ホーム画面で左上の「三」をタップしてメニューを開きます。歯車アイコンの「設定」をタップ。

DAZNアプリで設定を選ぶ画面

次にデータセーブの項目にチェックを入れます。「3G / 4G / LTEの通信量を節約」をオンにすると、モバイルデータ接続時にデータ通信量を節約可能。「Wi-Fiの通信量を節約」をオンにするとWi-Fi環境下でのデータ量を節約できます。

DAZNアプリでデータ量節約の設定をオンにする画面

なお、こちらの設定をオンにしておくと、画質よりも通信量を節約することが優先されます。十分なインターネット通信速度が確保されているはずなのに画質が悪いという場合は、こちらの設定をオフにしましょう。

障害やメンテナンス情報はDAZNのSNSで確認できる

DAZN側の障害が発生したときの速報やメンテナンス情報は、DAZNの公式SNSを確認するとよいでしょう。DAZNにはいくつかTwitterのアカウントがありますが、障害などの情報は「DAZN ダゾーン ヘルプ(@DAZN_JP_Help)」でご確認ください。サービスが復旧したときもその旨がツイートされます。トラブルがDAZNユーザー全体のものなのか、自分個人に起きているのか把握することも、いち早く問題を解決するためのポイントです。

DAZNが見れない際によく表示されるエラーコード一覧と対処方法

DAZNに不具合が発生したときに、エラーコードが表示されることがあります。こちらも問題解決の参考にしましょう。こちらでは、代表的なコードや対処法をご紹介します。

エラーコード症状/原因対処法
11-003-01111-064-01110-005-001一時的に動画が再生できない・いったん他の動画を再生した後、見たい動画を再生する
・モデムやルーターを再起動
・別のデバイスやネットワークで接続する
・ブラウザやアプリを更新
・Wi-Fiに接続しているデバイスの数を減らす(他のデバイスのWi-Fi接続を切る)
11-012-01265-003-40065-067-40065-003-40465-069-404・DAZNのバージョンが最新でない
・動画コンテンツの更新が必要
・ブラウザやDAZNアプリを最新バージョンにアップデート
・動画を更新する
・DAZNを再起動する
・いったん他の動画を再生した後、見たい動画を再生する
11-003-013ネットワーク接続が不安定・インターネットの接続を確認
・モデムやルーターを再起動
・別のネットワークに接続する
65-003-00064-066-000接続の問題・インターネット接続を見直す
・アプリをアップデートまたは再起動
・ブラウザを更新またはリロード
11-065-01310-022-003ネットワーク接続に問題がある・アプリを再起動
・インターネット接続を見直す
・モデムとルーターを再起動
・別のブラウザや端末を利用
10-022-003通信速度が不十分・ネットワークの設定を確認
・モデムやルーターを再起動する
・別のネットワークに接続する
50-000-03455-005-017ネットワーク接続状況が一時的に不安定・いったん別の動画を再生してから見たい動画を再び再生
・DAZNの再起動を行う
・Wi-Fiモデムやルーターを再起動する
・アプリ等を再インストール
66-079-01755-079-017ネットワーク接続状況が安定していない・いったん別の動画を再生してから見たい動画を再び再生
・DAZNの再起動を行う
・アプリを再度インストールする
・モデムやルーターを再起動
・ひかりTVチューナーを利用している場合、ファームウェアのアップデートを行う
65-003-403・動画が再生できない
・一時停止機能を利用している
・DAZNアプリを再起動する
・一度ログアウトして、再度ログインする
・いったん動画を再生し、その後見たい動画を再生
・マイアカウントにて利用を再開する
75-000-502一時停止機能が正常に作動していない・マイアカウントにて利用状況を確認する
・解決しなければカスタマーサービスへ問い合わせる
50-020-200クレジットカード情報が未登録カスタマーサービスへ問い合わせる
53-009-000クレジットカード情報が正常に登録できていない・クレジットカード情報を確認
・ブラウザを変更する
・端末の再起動
・別のデバイスから再度登録する
50-049-40151-051-401メールアドレスやパスワードに不備がある、入力した情報に誤りがある・パスワードをリセットして再設定
・カスタマーサービスへ問い合わせる
59-018-404メールアドレスとDAZNアカウントを関連づけられない・メールアドレスに誤りがないか確認する
・登録完了メールが届いているか確認
・他に心当たりのあるメールアドレスを入力してみる
55-007-000アプリがダウンロードできない、正常に機能していない・端末を再起動
・アプリを再インストール
・ルーターを再起動
・テレビのコンセントを一度抜いて挿し直す
66-033-401全デバイスからログアウトされているDAZNに再びログインする
10-129-054アカウントの作成中登録/再登録後、DAZNにログインできるようになるまで最大24時間かかるため、しばらく待つ。
24時間後以降もログインできない場合はカスタマーサービスへ問い合わせる
10-002-007支払いで問題が発生している・有効な支払情報に更新する
・口座やカードの残高を確認する
10-000-000DAZNでエラーが発生・ブラウザのページを更新する
・キャッシュクリア(キャッシュの削除)
・別のブラウザやデバイスを使う
83-000-404コンテンツが別の場所に移動して利用できない、存在しない・ブラウザのページを更新する
・キャッシュクリア
・別のブラウザやデバイスを使う

どうしても解決できない際はカスタマーサービスに問い合わせを

今回ご紹介した対策を試してみても問題が解決しないときは、カスタマーサービスに問い合わせましょう。24時間対応のチャットボット、ライブチャット(受付は10〜21時)、メールで問い合わせることが可能です。

まとめ

この記事では、DAZN利用時にトラブルが起きた場合の対処法についてご紹介しました。いち早く解決するには、慌てず、まず原因をつかむことが大切です。デバイスやアプリを再起動するとあっさり改善することもありますが、試合の重要な局面で早く続きが見たいという場合は、いったん別のデバイスで再生するというのもおすすめです。また、エラーコードも解決のヒントとして活用してみてください。

※本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

HOWTO STREAMING