HOWTO MOV

Disney+(ディズニープラス)の料金はお得?他サービスとの比較や支払い方法を解説

ディズニープラスは、月額または年額料金を支払うことでディズニーを中心とした人気スタジオの作品が見放題の定額制動画配信サービス。他のサービスと比較するとお得なのか、登録するとどんなメリットがあるのか、気になるところですよね。今回は、ディズニープラス各プランの料金や支払い方法を解説します。

2種類から選べるDisney+(ディズニープラス)の料金プラン

Disney+(ディズニープラス)のプランは2種類。月額プランと年額プランから選択できます。ただし、ディズニープラスには主に4パターンの登録方法があり、方法によってはプランや支払い方法が限定されるため注意しましょう。

月額プラン

ディズニープラスを月額払いに設定した場合、料金は990円です。オリジナル作品を含む豊富なラインナップや、独占配信のコンテンツも見られると考えるとコスパは良いといえるでしょう。

なお、動画配信サービスの相場は月額500円〜2000円台のため、平均的な価格設定です。

App Store経由の月額料金は10円高いので注意

App Storeを経由してディズニープラスに登録する際、月額払いを選択すると月額料金が若干変わります(※年額料金は通常と同じです)。通常990円のところが、月額1,000円と10円アップしてしまうのです。App Store経由で登録したいという方は、その点も考慮して検討してください。

年額プラン

ディズニープラスの年額プランは9,900円。年額払いの場合ひと月あたり825円となり、月額料金よりも約16%も安くなります。月額プランで一年分(12ヶ月分)支払うよりも年間1,980円お得となるため、ディズニープラスを1年以上利用する予定の方は年額プランのほうが断然コスパがよくなります。

一方で、注意点もあります。年額プランは登録時に全額を一括で支払います。そして契約期間中に解約した場合も月割り等で返金されることはありません。また、ドコモ経由やJ:COM経由の場合は年額プランは選択できないのでお気をつけください。

入会方法によって料金の請求タイミングが違う

ディズニープラスでは、入会方法によって料金の請求タイミングが変わります。

公式サイトや各種アプリ(Apple、Google、Amazon)からサブスクリプションに登録した場合、月額料金は毎月、入会日と同じ日付で請求されます。年額プランの場合は毎年の入会日と同じ日付です。
ドコモ経由で登録した場合に選択できるのは月額料金のみで、契約月は契約日から日割り計算。翌月以降は1日から末日まで1ヶ月が請求されます。同じくJ:COMも月額料金のみとなりますが、契約月は契約日に関わらず1ヶ月分が請求されるため注意が必要です。翌月以降は1日から末日までの1ヶ月分となります。

ディズニープラスでは無料トライアル期間や学割がない

2022年9月現在、ディズニープラスでは学割や無料トライアル期間がありません。登録したその日から料金が発生します。月額払いで初月の登録料金が安くなるキャンペーンは不定期で開催されていますので、そのタイミングを狙うというのも一つの手です。

ただし、いつ行われるかわからないキャンペーンを待って、観たい作品をなかなか鑑賞できないというのはもったいないことです。ディズニープラスは登録・解約手続きともにスムーズに行なえますので、観たい作品が決まっているという方は、試しに登録してみるとよいでしょう。

他社サービスと料金や特徴を比較! ディズニープラスのメリットとは

動画配信サービスを選ぶ基準は、料金以外にも多数あります。そこでこちらでは、10社のサービスをピックアップ。料金、作品数、無料体験の有無、同時視聴可能台数の観点で比較してみました。

月額料金作品数無料体験同時視聴特徴
Disney+990円非公開なし4台ディズニー、ピクサー、マーベルなどの作品が見放題。独自配信やオリジナル作品も。
Hulu1,026円10万本以上2週間不可日テレ系の作品や海外ドラマが多く、国内ドラマのスピンオフも配信。スポーツ等のライブ放送もある。
U-NEXT2,189円/1,639円(月額プラン1490)23万本以上31日間4台作品数が豊富でジャンルも幅広い。マンガや雑誌などの電子書籍も読み放題。
Amazon Prime Video500円非公表30日間3台オールマイティなラインナップで、配信作品はまめに入れ替わる。Amazonプライム特典も受けられる点も魅力。
Netflix990円/1,490円/1,980円非公表なし1台/2台/4台クオリティの高いオリジナル作品を多数配信。海外作品のラインナップが充実している。
FODプレミアム976円8万本以上2週間不可フジテレビ系列のドラマやアニメを中心に配信し、オリジナル作品も豊富。電子書籍も読み放題。
Paravi1,017円非公表なし不可TBS系列・テレビ東京系列、WOWOWの作品を主に配信。ドラマ、バラエティだけでなくスポーツやビジネス番組も配信。
TELASA618円/650円非公表2週間不可テレビ朝日系の番組が多く、人気ドラマシリーズの全話配信も豊富。オリジナルコンテンツも取り揃える。
ABEMAプレミアム960円約3万本2週間2台オリジナルのバラエティ番組が充実していて、格闘技や麻雀といったジャンルも配信。コメント機能もあり。
dTV550円非公表最大31日間不可音楽ライブ作品の配信はトップレベル。韓国ドラマも多く、漫画も読み放題。

Netflixのように、プランによって価格や同時視聴可能台数が変化するサービスもあります。この他にも「ダウンロード機能の有無」や「画質」といった観点で選ぶのもおすすめです。

他サービスと比較したディズニープラスの料金

ディズニープラスの月額料金は990円のため、10社の中でも平均的です。ただし、ディズニーをはじめとする人気スタジオの作品が見放題なのはディズニープラスのみで、コンテンツの価値は高いといえるでしょう。

ディズニープラスの作品ラインナップは独自性がある

ディズニープラスをはじめ配信作品数を公表していないサービスが多いため、数だけでサービスの優劣を比較するのは難しいでしょう。見たい作品が決まっている方や好きなジャンルが定まっている方は、そのサービスの配信作品を公式サイトなどであらかじめチェックしておくことをおすすめします。

配信コンテンツには各社特色があり、幅広いジャンルを数多く配信しているサービスもあれば、オリジナル作品や独自配信のコンテンツに力を入れているサービスもあります。ディズニープラスの場合は後者で、他サービスでは配信していない作品が多いです。

例えばディズニーとピクサーの名作/話題作/新作をたくさん見たい方や、親子でディズニー/ピクサー作品を楽しみたい方にディズニープラスはおすすめです。また、マーベルやスターウォーズ、海外ドラマ、洋画も充実しているため、老若男女問わず満足できるサービスといえます。邦画や日本のドラマは少ないですが、近年では国内コンテンツでも独自配信のものが増えつつあります。

同時視聴可能台数が多い点もディズニープラスのメリット

同時視聴可能台数とは「一つのアカウントにつき、別々のデバイスで同時に動画を視聴できる台数」を指しています。今回ピックアップした10社の中には同時視聴ができないサービスが半数に及んでいますが、ログイン自体は複数の端末でできることが多いです。

ディズニープラスは同時視聴が4台まで可能です。同時視聴ができると、家族で同じ時間に別の場所で作品を鑑賞したいときに便利。プロフィール機能もあるため、お気に入り等が混在する心配もなく、快適に利用できます。

無料トライアル期間はないため注意

無料トライアルを設けているサービスは7社あり、期間は14日〜31日間と幅広いです。一方、無料トライアルに対応していないディズニープラスは少数派です。使用感を試してから正式に入会したい方にとってはデメリットともいえますが、配信コンテンツの傾向は明確なため、事前に検討した上で入会することは十分可能でしょう。

なお、無料トライアルを設けているサービスでも、支払い(登録)方法によっては無料トライアルで適用されないことがあるので注意しましょう。

ディズニープラスの支払い方法は主に7種類! 入会方法による違いも

ディズニープラスの料金の支払い方法は、大きく分けると7種類です。入会方法によって支払い方法が限定されることもあります。

①クレジットカード

公式サイトから登録すると、クレジットカード決済とPayPal決済のいずれかを選択できます。クレジットカードで利用可能なのは以下の通り。

■JCB
■VISA
■マスターカード
■アメリカン・エキスプレス(アメックス)
■ダイナース クラブ

入会日に支払いが開始し、毎月(年額払いは毎年)入会日と同じ日付に会費を請求されます。

ディズニープラスのクレジットカード支払い方法入力画面

②PayPal

公式サイトから入会した場合に選択できる支払い方法には、PayPalもあります。PayPalとは、銀行口座やクレジットカード情報をあらかじめ登録しておくことで利用できる決済代行サービスです。ディズニープラスのサイトにクレジットカードや口座の情報を入力しなくて良いため、管理がしやすく安全性も高くなると考えられます。こちらの支払い方法を選択する場合は、PayPalに登録したメールアドレスとパスワードが必要となります。こちらもクレジットカードと同様に、支払日と同じ日付に請求が来ます。

③Google

ディズニープラスは、スマホ/タブレットのアプリ経由で入会し、支払いを行うことも可能です。Android端末の場合はGoogle Play Storeでの決済となります。Googleアカウントに登録している支払い方法が採用されるので、クレジットカード以外にキャリア決済やデビットカードも利用可能です。

④Apple

iOS版アプリを経由して入会する場合は、App Storeでの決済となります。Appleアカウントに登録してある方法で支払うため、キャリア決済なども利用可能です。ただし、月額料金は1,000円となるのでご注意ください。年額プランは他と同額の9,900円です。

⑤Amazon

Fire TVシリーズなどで登録した場合など、ディズニープラスはAmazon経由の支払いにも対応しています。こちらの方法ではAmazonのアカウントで登録している方法で支払いを行います。

⑥ドコモ

ドコモ経由で登録した場合、ドコモ回線を利用しているかどうかで支払い方法が異なります。ドコモ回線をお持ちの方は、キャリア決済(ドコモ払い)が利用できるため、ケータイ代金とまとめて支払いができて便利です。また、クレジットカードを持っていなくてもディズニープラスを利用できます。

ドコモ回線を利用していない方も、dアカウントを発行すればディズニープラスを利用できます。ただし、こちらの場合はdアカウントに登録したクレジットカードで支払うことになります。

⑦J:COM

J:COM経由でディズニープラスに申し込むと、月額990円(税込)が6ヶ月無料となり、とてもお得です。すでにJ:COMを利用している方、今後利用する予定がある方はぜひ検討してみましょう。支払いはJ:COM回線とまとめて行います。

ドコモとJ:COM経由で登録した場合、選択できるのは「月額払い」のみ

ディズニープラスには月額プランのほかに年額プランも用意されていますが、ドコモまたはJ:COMからアカウント登録を行った場合は月額プランのみとなります。

ディズニープラスの支払い方法を確認・変更する手順

すでにディズニープラスを利用している方も、支払い方法を変更できます。パターン別に解説していきましょう。

公式サイト/アプリで支払い方法を変更する

公式サイトからディズニープラスに登録した方は、公式サイトやアプリから支払い方法を変更できます。主な手順は同じですが、今回はアプリを使って操作を行います。

[1]アプリを起動して、ホーム画面のプロフィールのアイコンから「アカウント」を選択します。

Disney+アプリで支払い方法を変更する画面01

[2]「サブスクリプション」内にある「Disney+」を選択します。

Disney+アプリで支払い方法を変更する画面02

[3]アプリの場合はここでWEBブラウザに移行するため、一度ここでログインします。再度「サブスクリプション」で利用中のプランをタップしてください。
※ブラウザから作業している場合、この手順は省略されます。

[4]「サブスクリプションの詳細確認」で、お支払い方法の「変更」ボタンをタップ。

Disney+アプリで支払い方法を変更する画面03

新しい支払い方法を選択し、必要事項を入力したら「保存」をタップしましょう。

Disney+アプリで支払い方法を変更する画面04

月額払い⇔年額払いの変更方法

月額プランから年額プランに切り替えたいときは、アカウント画面で「切り替える」を選択します。

Disney+アプリで月額払いと年額払いを切り替える画面01

「サブスクリプションの詳細確認」でもプランの切り替えが可能です。

Disney+アプリで月額払いと年額払いを切り替える画面02

各種アプリで支払い方法を変更する

Apple、Google、Amazon、ドコモ、J:COMからディズニープラスの登録をしていて、その支払い方法を変更する場合は、それぞれのアカウントから支払い方法の変更を行うことが必要です。

Google

[1]Google Playストアのアプリを起動し、右上のアイコンをタップします。

Google Playでディズニープラス支払い方法を変更する画面01

[2]メニューの「お支払いと定期購入」をタップ。

Google Playでディズニープラス支払い方法を変更する画面02

[3]「お支払い方法」をタップして支払い方法を追加し、必要事項を入力してください。

Google Playでディズニープラス支払い方法を変更する画面03

Apple

[1]iOS端末で設定アプリを開き、「アカウント」をタップします。
[2]「支払いと配送先」を選択した後、新たな決済方法を選んで必要事項を入力します。
[2’]プランを変えたいときは、「サブスクリプション」からディズニープラスのプランを変更してください。

Amazon

[1]Amazon公式にアクセス&ログインして、アカウントアイコンをタップします。
[2]「アカウントサービス」を選択します。
[3]「メンバーシップおよび購読」を開き、Disney+のサブスクリプションを選択します。
[4]案内に従って支払情報を変更しましょう。

ドコモ

[1]My docomoにログインし、「ご契約内容」を選択します。
[2]「お支払い方法」を選択します。
[3]「支払い方法の変更のお手続き」で新しい支払い方法を選択します。
[4]必要事項を入力をして「次へ進む」をタップ。
[5]内容を確認した後、「確認して変更」を選択して完了です。

J:COM

[1]J:COMのマイページにログインし、メニューを開いて「契約・お手続き」を選択します。
[2]「お支払いに関するお手続き」の画面で、「お支払い方法」横の「変更」を選択。
[3]変更後の支払方法を選択して「次へ」を選びます。
[4]その後は案内に従って必要事項を入力します。

ディズニープラスに入会・登録する方法

これまで触れた通り、ディズニープラスはどのルートで入会手続きするかによって、選べる支払い方法やプランが異なります。アプリ経由やドコモ/J:COM経由であれば、他の支払いと一緒にディズニープラスの支払いも管理でき、場合によっては公式サイトにない支払い方法を選べるという利点があります。また、公式サイトから登録すれば案内に従って情報を入力するだけですので、手続き方法がわかりやすいです。

詳しい登録方法は以下の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

よくある質問

?

ディズニープラスは月額・年額料金以外に追加料金はかかる?

ディズニープラスには追加購入が必要な有料作品はなく、定額(月990円または年9,900円)ですべての作品が見放題です。従って追加料金はかかりません。

?

ディズニープラスで学割プランを選ぶことはできる?

ディズニープラスには、学割プランがありません。学割を適用したい方は、Amazon Prime Videoなど、学割に対応しているサービスを検討しましょう。

まとめ

ディズニープラスは、月額990円または年額9,900円で様々な人気作品が見放題です。他サービスと比較すると価格は平均的ですが、配信コンテンツは独自のものが多く、オリジナル作品も充実しています。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズなどの作品が好きな方にはとてもお得なサービスといえるでしょう。また、最大4台のデバイスで同時視聴が可能なため、家族での利用にもおすすめです。

公式サイト/各種アプリ/ドコモ/J:COMと、入会ルートによって支払い方法や選べるプランが異なるため、その点も考慮して入会方法を決定しましょう。

※本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。