HOWTO

Apple Musicから音楽をダウンロード お気に入りの曲をオフライン再生で聴く方法

Apple Musicはたくさんの音楽が聴き放題のサービスですが、データ通信量が気になってしまいますが、ダウンロードすることでオフラインで楽しむことができます。今回はそんなダウンロードの方法や、曲の確認、削除方法をご紹介します。

Apple Musicは9000万曲と30000以上のプレイリストが聴き放題の音楽サービスです。

好きな曲を聴き放題なのは嬉しいですが、たくさんの音楽を聴いているとデータ通信量が気になってしまいますね。

通信量を気にせずオフラインで好きなだけ聴くために、音楽をダウンロードする方法を紹介します。

Apple Musicからライブラリに曲をダウンロードする方法(iPhone/iPad)

Apple Musicは曲をダウンロードしてオフラインで楽しむことができます。
ここではそんなApple Musicの様々なダウンロード方法を紹介していきます。

曲・アルバム・プレイリストをダウンロード

1. Apple Musicのアプリを起動して、ダウンロードしたい曲を探します。

2. 曲、アルバム、プレイリストをタッチして長押しをすると、項目が表示されます。

ダウンロードしたい楽曲を長押ししている画像

3. 一番上の「ライブラリに追加」を選択して、まずはApple Musicの楽曲を自分のライブラリの中に追加しましょう。

「ライブラリに追加」を選択している画像


4. 次に、もう一度ダウンロードしたいものをタッチして長押しをすると、「ダウンロード」という項目が出ます。それをタップすることでダウンロードが完了し、オフラインで楽しむことができるようになります。1曲ごとのダウンロードも可能ですし、アルバムごと、プレイリストごとのダウンロードも可能です。

「ダウンロード」を選択している画像

Apple Musicからライブラリに曲をダウンロードする方法(Mac)

次に、MacでApple Musicの楽曲をダウンロードする方法をご説明します。

単曲ごとにダウンロード

1. ダウンロードしたい楽曲を探したら楽曲名の横の「…」を選択します。

MacのApple Musicの楽曲で「...」を選択している画像

2. 「ライブラリに追加」を選択します。

「ライブラリに追加」を選択している画像

3. すると「↓」というマークが表示されるのでこちらを選択します。

MacのApple Musicで「↓」を選択している画像

4. 「↓」マークが赤く変わったらダウンロード完了です。

MacのApple Musicでダウンロードが完了した画面

アルバム/プレイリストごとにダウンロード

1. アルバムもしくはプレイリストの画面で「+追加」を選択します。

MacのApple Musicのアルバムで「+追加」を選択している画像

2. すると「↓」というマークに変わりますので、こちらをクリックします。

MacのApple Musicのアルバムで「↓」を選択している画像

3. 「↓」マークが「✓」マークに変化したらダウンロード完了です。

MacのApple Musicでアルバムのダウンロードが完了した画面

ロスレスオーディオの高品質な曲をダウンロードすることも可能

Apple Musicでは、曲をさらに高音質で楽しむことができるロスレスオーディオに対応しています。
このロスレスオーディオもファイルをダウンロードして利用することが可能です。
ダウンロード音源をロスレスオーディオに設定する方法は下記の通りです。

1. iPhoneの設定アイコンをタップして、ミュージックを選択、その後表示されるオーディオの品質に進みます。

2. ロスレスオーディオをオンにすると、「モバイル通信ストリーミング」「Wi-Fiストリーミング」「ダウンロード」ごとに品質の選択をすることができます。

ロスレスオーディオをオンにした画面

選べる品質は、従来と同じ「高音質」、高品質な「ロスレス」、ロスレスよりもさらに帯域幅が広い「ハイレゾロスレス」の3つです。モバイル通信ストリーミングのみ「なし」、低データの「高効率」を選択することができます。
ただ「ロスレス」「ハイレゾロスレス」は高品質ですが、その分ファイルの容量が大きくなるので注意が必要です。

また、ロスレスオーディオを聴くことができるのは、有線のイヤホンか内蔵スピーカーのみです。無線通信であるBluetoothではロスレスオーディオに対応していないため、曲を聴くことは可能ですがロスレスの音質ではありません。

ロスレス対応が始まる前にダウンロードした曲も、ロスレスに対応したファイルでダウンロードすることができます。もし既に通常音質でダウンロードしていた場合は、曲を一度削除して、Apple Musicからロスレスバージョンの曲を再ダウンロードすることで楽曲をオフラインで楽しむ事が可能です。

Apple Musicでダウンロードした曲を確認する

Apple Musicライブラリにたくさん曲を入れている人は、どれがダウンロードした曲かわからなくなることもあるかと思います。
そこでここではApple Music上でダウンロードした曲のみを確認する方法を紹介します。

Apple Musicアプリから確認可能

1. Apple Musicのアプリを起動して、右下のライブラリをタップします。

Apple Musicの「ライブラリ」を選択している画像

2. ダウンロード済みの項目をタップします。

「ダウンロード済み」を選択している画像

ここに表示されているのが、Apple Musicでダウンロードした曲です。
最初にアーティストごとに分類され、タップするとアルバム、さらにタップすると曲の確認ができます。

Apple Musicでダウンロードした曲の容量を確認する

曲をたくさんダウンロードしていると、端末の容量をどんどん圧迫していきます。
どのくらい容量を使っているのか確認する方法を紹介します。

アーティスト、アルバム、曲ごとに容量を見る

iPhoneの設定アイコンをタップして、ミュージック→ダウンロード済みに進みます。
項目を選択していくことで、どのくらいの容量を使っているのか確認できます。
同じ曲でも、高品質とロスレスでは容量が大きく違ってきます。

Apple Musicでダウンロードした曲を削除する方法

容量が少なくなった、聴かなくなった曲を削除したい方に、ダウンロードした曲を削除する方法を紹介します。

設定から曲を管理

1. iPhoneの設定アイコンをタップして、ミュージック→ダウンロード済みに進みます。

2. 右上に「編集」というボタンがあるのでタップすると、アーティストの左側に赤いアイコンが表示されます。

3. 赤いアイコンをタップして右側に現れる「削除」の項目をタップすれば、曲の削除は完了です。

「削除」を選択している画像

端末から削除するだけなので、Apple Musicの自分のライブラリから再ダウンロードは可能です。
項目の一番上には、すべての曲を一括削除できる項目があります。一括で削除するには便利ですが、削除した場合の取り消しができないので注意してください。

Apple Musicアプリ上で曲を管理

1. Apple Musicアプリの「ライブラリ」を開き、「ダウンロード済み」という項目を選択します。もし、こちらの項目が表示されていない場合は右上の「編集」から「ダウンロード済み」にチェックを入れて表示させましょう。

Apple Musicの「ダウンロード済み」を選択している画像

2. 削除したいアルバムを長押しし、「削除」を選択します。

アルバムを長押しして「削除」を選択している画像

3. 「ダウンロードを削除」を選択するとダウンロードのみキャンセルされ、ライブラリには残ります。「ライブラリから削除」を選択するとダウンロードだけではなくアルバムそのものがライブラリから削除されます。

アルバムのダウンロードを削除するかライブラリから削除するか選ぶ画面

「ストレージを最適化」で曲を管理

設定で「ストレージを最適化」をオンにすると、iPhoneの残りの容量が少なくなった時に自動でしばらく再生されていない楽曲を削除してくれます。残す楽曲の数は段階的に選択することが可能です。

1. 「設定」アプリを開き、「ミュージック」を選択します。

「設定」から「ミュージック」を選択している画像

2. 「ストレージを最適化」を選択します。

「ストレージを最適化」を選択している画像

「ストレージを最適化」をオンにしましょう。残す楽曲の容量は「4GB(約800曲)」「8GB(約1,600曲)」「16GB(約3,200曲)」「32GB(約6,400曲)」から選択可能です。

「ストレージを最適化」で残す容量を選択する画面

よくある質問

?

ダウンロードとライブラリ追加は何が違うの?

ダウンロードとライブラリ追加の大きな違いは「楽曲をオフライン再生できるか」どうかにあります。ライブラリに追加しただけですと、インターネットに必ず接続しないと楽曲を聴くことができません。オフライン環境でも音楽を楽しみたい場合はライブラリに追加後、ダウンロードまで行ってください。

?

曲をmp3としてダウンロードできる?

Apple Musicの楽曲はDRMというシステムで保護されているのでmp3としてダウンロードすることはできません。もし、外部ソフトなどを使用して複製・保存できたとしてもそれはApple Musicの利用規約違反になりますのでご注意ください。

?

ダウンロードした曲はどこに保存されるの?

ダウンロードした楽曲は全てApple Musicアプリ内の「ライブラリ」に保存されます。アプリの外に取り出してファイルを操作することはできませんのでご注意ください。

?

ダウンロードできない時はどうすればいい?

ダウンロードできない際にまず見直すべきポイントはインターネットの接続環境とデバイスのストレージ容量です。きちんとインターネットに接続しているか、デバイスに十分な容量があるか今一度ご確認ください。Apple Musicの楽曲がダウンロードできない際の詳しい原因と対処方法は以下の記事で解説しています。

まとめ

Apple Musicはダウンロードすることで、オフラインでもお気に入りの曲を楽しむことができます。しかし、オフラインで楽しむためにダウンロードしすぎると端末の記憶容量を圧迫してしまいます。こまめにダウンロードした曲を確認して、聴かなくなった曲は削除することをオススメします。

音楽配信サービスでの人気記事ランキング