HOWTO

Apple MusicでiTunes購入曲はiCloudミュージックライブラリに移して聴こう

Apple Music利用時、iTunesの楽曲はすべてiCloudに移す必要があります。iTunesにある楽曲をiCloudで管理する方法をまとめました。iPhoneで音楽を聴くなら参考にしてください。

これからApple Musicで音楽を聴きたいと思ったら、iTunesの楽曲の扱い方を知るのが重要です。iTunesにある楽曲は、すべてiCloudに収めないと管理できません。ここではiCloudの概要や特徴を中心に、楽曲の扱い方を解説します。

Apple MusicとiTunesの違い

Apple Musicトップページ

Apple MusicとiTunesは、配信者側におけるサービス形式が違います。Appleは定額で、月額を払い続けることでいくつでも音楽を聴けます。一方でiTunesは買い切りです。楽曲を聴くには購入とダウンロードが逐一必要です。それぞれの主要な料金プランを見ましょう。

サービス名課金形式料金
Apple Music月額個人プラン:980円
ファミリープラン:1480円
学生プラン:580円
iTunes購入150円、200円、250円のどれか

音楽を聴くのが好きならApple Music、音楽は好きだか聴く数が少ないならiTunesがおすすめです。

iTunesにある楽曲はiCloudへ移行

Apple Musicでは、iTunesで購入した楽曲をiCloudへ移行しなくてはいけません。保存しないでApple Musicから楽曲をライブラリへ動かそうとすると「iCloudミュージックライブラリが必要です」という文が出ます。ライブラリ機能をオンにしないと保存できません。

好きな楽曲を残したい場合は、ライブラリ機能をオンにしたあと「ミュージックを残す」を選びましょう。iPhone内の楽曲が残り、Apple Musicに収めた曲も加えられます。一方で「削除して置き換える」を選んだら、iPhone内にもとからあった楽曲がすべて消えます。

iCloudミュージックライブラリとは?

iCloud

iCloudミュージックライブラリとは、Apple Music内のデータシステムのひとつです。Apple Musicメンバーシップに目を通せば、IDのサインインで利用できます。インターネットにさえ接続できれば、いつでも利用可能です。

iCloudミュージックライブラリでは10万曲も保存ができます。iTunes Storeで買ったミュージックビデオを視聴できたり、プレイリストを作れたりなど、機能も豊富になります。自分の好きな音楽をひとつの場所にまとめるツールとして有用でしょう。

iCloudミュージックライブラリをオンにする手順

では、実際にiCloudミュージックライブラリを有効にしてiTunes Storeで購入した曲をクラウド上に同期させる方法をご紹介します。

iPhone/iPadでiCloudミュージックライブラリをオンにする

iPhoneやiPadでiCloudミュージックライブラリをオンにするには、まず「設定」アプリを開き「ミュージック」の項目を選択します。

iPhoneの設定で「ミュージック」を選択している画像

「ライブラリを同期」をオンにしましょう。これでiTunes Storeで購入した曲も含めiCloudミュージックライブラリに曲が全て自動で同期されます。

「ライブラリを同期」を選択している画像

MacでiCloudミュージックライブラリをオンにする

MacでApple Musicのデスクトップアプリを開き、画面上部のメニューから「ミュージック」>「環境設定」を選択します。

MacのApple Musicで「環境設定」を選択している画像

「一般」の項目で「ライブラリを同期」にチェックを入れましょう。これでiCloudミュージックライブラリの同期は完了です。

MacのApple Musicで「ライブラリを同期」を選択している画像

iCloudミュージックライブラリのメリット

iCloudミュージックライブラリは、簡単な設定で扱えたり、最新の情報を常に扱えたりするメリットがあります。それぞれの詳細を見ましょう。

設定が簡単

iCloudの利用は設定が簡単です。iCloud機能のオンとオフを切り替えるだけになります。デバイスごとにこのスイッチを切り替えるだけで、使用の可否を決められます。ネットサービスのシステムにありがちな、複雑な初期設定がないのが前向きな材料です。

iCloud自体が音楽だけでなく画像、メモ、ファイルなどさまざまな種類をひとまとめに保存できます。友人や家族との共有も簡単なのも見逃せません。オンとオフの設定だけで、優れた機能を使えるのはうれしいでしょう。

常に最新の情報を見られる

iCloudの情報は常に最新です。どのデバイスからアクセスしても、更新されたデータをチェックできるのです。クラウド型データベースとして、どこからでも同じデータにアクセスできます。

たとえばiPhoneを使ってiCloudを更新し、ネットカフェにあるMacから同じ場所にアクセスしても、更新後のデータを見られます。これがクラウド型の特徴です。おかげでミュージックライブラリでも、状況を気にせず曲目を編集可能です。

iCloudミュージックライブラリのデメリット

ミュージックライブラリのデメリットとして、アクセスが必ずインターネット経由になります。パソコンやスマートフォンさえあればどこからでもiCloudに入れます。しかしオフライン環境では対応できません。

とくにiPhoneに楽曲を入れるときは通信量に注意です。Wi-Fi環境がない限り、取り込みや鑑賞のたびに通信量が増えてしまいます。契約上限をオーバーすれば速度制限になり、携帯端末自体の不便につながるでしょう。

以上からiCloudを使うときは、Wi-Fi環境を中心とするのがおすすめです。

まとめ

Apple Musicでは、iTunesより楽曲を購入した場合、iCloudミュージックライブラリへの 移送が必要です。こちらの設定をオンにすれば、楽に楽曲管理ができます。iTunesから買った音楽だけでなく、CDから取り込んだものも聴けるなど機能性に優れているでしょう。

ただしインターネットの接続中でしか使えないので、iPhoneを使っている場合はWi-Fi環境にこだわりましょう。通信量の消費を抑えながら、iCloudを有効活用してください。

音楽配信サービスでの人気記事ランキング